Home > Archives > 2011-08

2011-08

自己紹介

はじめまして1年の小山智之です。

自己紹介をしたいと思います。

出身校は大阪府立三国丘高校で、現在文科一類に所属しています。

柔道は高校から始め、現在初段です。

今回は柔道が僕に与えた影響について書きたいと思います。

中学時代までの僕は運動部や地元のスポーツチームに参加したことがなかったのですが、とにかく体力がなく運動が苦手でした。

それと同時に自分の意見を他人に伝えるのが苦手で、自分の考えを他人に十分に理解してもらえないことが多々ありました。

ところが柔道を始めてから体力が向上したのはもちろんですが、精神面にも変化が現れて自分に自信が出てきたのか自己主張が少しずつできるようになりました。

先生や先輩に対してもそれまでは「は、はい...」ぐらいの返事しかできなかったのが「はあぁい」と元気よく返事ができるようになりました。

そういった変化は今でも続いているようで、夏練前は先輩方がなぜあそこまでリア充のことを引き合いに出すのかよくわからなかったのですが今ではその気持ちがよくわかります。

このようにしてみんな柔道部に教化されていくのかと感心しました。

といった感じで柔道は心身両面において僕に大きな影響を与えています。

柔道がなければ今のこの僕は居なかったでしょう。

たまにもし僕が柔道をしていなかったらと想像することがありますが、多分今ほど充実した(リア柔な?)生活は送れていなかったでしょう。

本当に柔道には感謝です。

話は変わりますが今日の柔道部の活動について報告したいと思います。

今日は寝業研究会に出稽古に行き非常に有意義な稽古ができました。

練習後には黒川先輩にカンパを頂きました。

黒川先輩、ありがとうございます。

部員はファミリーレストランに向かい1週間の練習が終わった開放感の中たくさんご飯を食べました。

こういった楽しみがあるからこそ厳しい練習にも耐えられるのです。

カンパを下さる先輩方には感謝してもしきれません。

本当にありがとうございます。

以上で僕の初投稿を終わりたいと思います。

この後には他の1年のさらに面白い投稿が続くはずなのでそれが楽しみです。

8月16日

二年北藤です。

本日の練習は、午前は立ち技中心、午後は寝技中心の稽古、そして夜は一部出稽古となかなか充実したものでした。今日も出稽古にきてくださった慶應大学のみなさん、練習に来ていただいたOBの大泉先輩、宇野先輩、京大の堤先輩、ありがとうございました。宇野先輩にはカンパも頂きました。ありがとうございます。

さて、前の日曜日についに今はやりのスマートホンを買ってしまいました。今もそれでうっているのですが、非常に打ちづらく、誤字脱字の連続です。  それで月曜日にみんなに自慢していたんですが、幸か不幸か、3年の張先輩と機種も色もかぶってしまっていました。しかも、機種変更したのも同じ日だったそうです。運命でしょうか。

これで終わりです。

8月15日

2年の金田一です。
本日は慶應大学の方々が練習に来てくださいました。いつもより大人数となり、活気のあるいい稽古ができました。どうもありがとうございました。

本日のニュースは部内屈指のチャラさを誇る二年今村がついに坊主にしたことですかね。まあ坊主にした理由は本人の名誉のために伏せとくことにしますけど。
ちなみに坊主にしても彼は相変わらずチャラいままです。

また今日は、一年小山が朝、坊主で登場し、山村先輩も七徳堂で坊主になりました。(この二名は今村のように「ある理由」によってそうしたわけではありません。)

ということで本日は柔道部内の坊主率が急上昇(?)した一日でした。

明日もはやいんでこのへんで「つぶやき」をおわらせていただきます。

七徳の妖精さん♪

一年生のころ、七徳堂には妖精がいて放置された道着を干したり部室をきれいにしてくれていると聞き、そこに学校の七不思議みたくミステリアスなロマンを感じたものです…

こんにちは、二年、林です。

夏練の平日は七徳で行われるため、平日は行き帰りの時間を省こうと七徳に住んでいます。住む前は、数多くの先輩がどうにかしてこのアネクメーネで人間らしい生活を送ろうと尽力してきたかを想い、身を引き締めていましたが、住めば都という諺は正しかったようで、ことのほかたいした努力もせずに快適に生活してます。体質的に蚊に刺されにくいのか蚊対策はノーマットと常に扇風機の風に当たることだけで十分。G師匠にもまだお目にかかれていません。ただ日に日にたまっていくゴミと散らかっているマンガが曲者で、またすぐに汚くなると思うとあまり片付ける気にもならない。今夏の妖精さんは出来が悪いようです。ごめんなさい。

というかこんなことを書くのが目的じゃなかった。そうです。つぶやきリレーです。たすきを貰っておいてつなげないはよろしくない。ただ、みんな長文を書くのでネタがないとつらいですね。

土曜は練習とラントレの日でした。その後、清水さんたちとは別グループでしゃぶしゃぶに行き、一週間の締めとしてたんまり食べました。これで一週間の練習が終わったかと思うと嬉しくて、とてもおいしかったです。

さあ、また来週も頑張ろう。

8月12日

2年の山崎です。
本日は首都大の方々が出稽古にこられ、充実した練習となりました。
どうもありがとうございました。

最近、プラス思考で生きることにしています。
本日筋トレをしながらの、金田一との会話(抜粋)、
「どうせ俺らが筋トレしてる今頃、みんな海行ったり旅行したりしてるんだろ?」
「いや、違うね。俺が柔道部入ってなかったら、みんなが海行ってるのを知りつつ、誰にも誘われず家でゴロゴロしてたよ。」
「柔道部じゃ無かったら、夏休みの真ん中にある俺の誕生日もきっと家族にしか認知されなかっただろうね。」
「しかも、よく考えたらちゃんと9月に鹿屋でがっsh…お泊まり会があるらしいじゃん!」
「すげー! 柔道部楽しい!」
「俺ら、リア柔!」
昨日はぐっすり眠れました。
明日の練習開始が午前でなくて、とても幸せです。

8月11日

こんばんは二年津留です。

皆さん暑い中お疲れさまです。

今日は約半数の部員は二部練を終えた後、千代田区総合体育館やパラエストラ東京に出稽古に行きました。なんと三部練です。

出稽古を増やすために強化練習中は週1で三部練をしようという計画です。

一年生は大変だと思いますが、なんとか頑張ってほしいです。

そして三年の先輩方は週2でやるということなので、頭が上がらないです。

話は変わりますが今日の午前練と午後練に二年田村の後輩にあたる、

東大寺学園の小西君と南野君が参加してくれました。

2人とも人の話をよく聞き、わからないところは質問してくれるなどとても熱心でした。

まるで偉大なる田村先輩のようです。

将来2人が東大柔道部に入部してくれたらとても嬉しいです。

今日はこれで「つぶやき」を終わりたいと思います。

8月9日

投稿次鋒、2年の今村です。今日は2部練の日で、午前は七大ルール乱取り、午後は部分乱取りがメインといった内容だったのですが、午後練では皆午前練で使用した道着をそのまま(まぁ一応畳の上で乾かしはするのですが)使用するため、すでに3時間分の汗が染み込んでいる状態で部分乱取りだったんですね。そんな吸水性の悪い道着を来ている上1日の最高気温の時間帯なので、もう皆滝のように汗がでてて、道場も体も汗まみれ。手首や手の甲とってもすぐに切られるわ、縦四方固めで抑え込んでも踏ん張ってる足が滑ってすぐに返されるわ、正対上で下(しも)を掴んで足を落そうとしてもすぐ切られたりと大変な状況でした。まぁ逆にそれを利用して逃げたりもしていたのですが・・そうは言っても去年は1日目から意識が朦朧とするほどでしたが、今年は朦朧とするほどではなかったのでまだ涼しいほうなのかもしれません。このまま比較的涼しい毎日であって欲しいです。

2011年度の夏練開始を記念して

二年の田村です。

遂に、2011年度の夏練が始まりました。そこで、三年の清水先輩の提案により、毎日部員が日替わりでブログに何か一言書くという企画がスタートしました。(あまり、部内で認知されていないような気もしますが・・・) そして、名誉ある先鋒を任された次第であります。とういうことで、一言書かせていただきます。今年の赤門柔道の原稿の締め切りは今日だったにもかかわらず、我らが二年生の提出率は0パーセントだったそうです(笑)さすがの団結力としか言いようがないと感じました。もちろん、最終締め切りには間に合わせるので心配ご無用です。これが、本日一番印象的な出来事でした。これで本日の投稿は終了です。皆さん、明日からの投稿に期待してください。それでは失礼します。

遅ばせながら…

二年の林です。いつも怪我をしている僕ですが、オフに入ったら流石に怪我しないだろうと思いきや、腹筋のし過ぎで肋軟骨を痛めてしま
いました。本当にトホホな体の弱さです。

でも、京大の一年生の冨樫くんは肋骨にひびが入ろうが全く気にせず練習しているので見習わなければと思います。(決してH汰への当て付けではありません。)

さて今日は、7月26日に筑波大附属高校に出稽古に行かせてもらったことを書こうかと思います。オフが始まり一週間程が経ちそろそろ柔道をせねばと思い立ち、山崎と共にOBの宇野先輩からお誘いのあった筑波大附属の練習にお邪魔させて頂くことにしました。筑附は宇野先輩の母校であり、一年の佐野の母校でもあります。

さて、茗荷谷に降り立ち去年の駒祭ナンパを懐かしんでいると(去年はお茶女でやって、なぜか主役でもない当時二年のチャラたk…もとい、光武先輩だけが成功させました)、佐武先輩が駅前にいてびっくり、更には清水先輩と広澤先輩も合流し計五名で道場に伺いました。

練習は夏ということで乱取りよりも反復練習中心でなまった体を動かすには良かったです。印象的だったのが内股の反復練習。内股初心者は、相手に膝立ちから片足を横に立ててもらいその足を刈る、という稽古をします。それが出来る様になったら、同じ体勢で大内からの連絡、更には立ち姿勢での普通の内股、という様に段階を踏んでいくので段々とレベルアップが出来るということで、感心しました。
後半、東大側で寝技を教えることになり、崩れ上・縦帯取り返し・回転縦四などを練習しました。みんな飲み込みが早かったです。

練習後には師範からカレーライスをご馳走になり、(何故か全員帰った後の部室で)だらだらしてから帰りました。ありがとうございまし
た。

その後、僕は駒場で用事があって部室に行ったのですが、佐野が食堂でリア充してるとの情報を聞き、りんペーと食堂の外から佐野がクラ
スの女の子達と楽しそうに勉強しているのを見に行きました。若いなぁ、ぴちぴちキャピキャピしてるなぁ、と何だか切ない思いで石井さ
んの気持ちがちょっと分かった気がしました。りんペーはというと、そういうの邪魔するのが先輩の仕事じゃないの?、と枯れエースらし
い発言をしながらも、あまりのリア充オーラにチキって近づけなかったようです。筑波大附属柔道部の皆さんも佐野先輩のようになるのを
夢見て柔道と受験勉強を頑張って下さい。

Home > Archives > 2011-08

メタ情報

Return to page top