7月2日(土)

こんばんは、4年の寺田です。

6月の下旬になるや否や急速に季節が移り変わり、日中の気温は30℃を超え、

いよいよ本格的な夏の到来を(とりわけ柔道の稽古中に)肌で感じる頃合いとなって参りました。

 

さて、5月29日の東京学生柔道優勝大会に始まった今シーズンの公式戦は、

6月11、12日の七大戦、6月24日の全日本学生柔道優勝大会を経て、

明日3日の全国国立大学柔道優勝大会を残すのみとなりました。

 

七大戦以降のこれまでの3週間もあっという間に過ぎました。

先日の記事で3年清水が記載しておりますように、この3週間では全日本学生大会が

開催されたこともあり、他大学の現役部員やOBの方々に大勢出稽古に来て頂き、

充実した練習を行って参りました。

 

↓6月25日の合同稽古の様子(合計5大学、総勢60名超)

dscn2128

 

dscn2130

 

 

ところで、明日の全国国立大会を以って、東大柔道部では幹部交代となります。

つまり、私自身が団体戦に出場するのは、明日が最後ということになります。

引退試合ということで思う所も多々ございますが、まだ仕事は終わっていませんので、

本日のコメントはこれくらいにしておきます。

余計なことを考えず無心に闘い、そして悔いを残さぬ試合をしたいと思います。

 

それでは今晩は、この辺で失礼致します。