紀柔館にお邪魔しました

こんにちは。○年生の境です。

柔道部ではOBとなりましたが、OBだってブログ書いていいじゃないか!ということで書いちゃいます。当然、柔道のお話です。

 

7月18日()から24日()まで、和歌山県の柔道塾「紀柔館」にお邪魔させて頂きました。

 

紀柔館の腹巻先生には、一昨年の京大合宿、昨年の和歌山合宿の際に大変お世話になりました。とくに和歌山での合宿では紀柔館の道場を宿泊施設として使わせて頂いたり練習場所まで送り迎えをして頂いたり、温泉をご案内して頂いたり、先生方や生徒の皆さんとの懇親会まで開いて頂いたり・・・こんなにもお世話になっておきながら、当時のブログを読み返してみると感謝の言葉どころか合宿に関する記事すらない有様。当時の主将の顔が見てみたいものです。紀柔館の皆さま、本当に申し訳ございませんでした。

 

今回の訪問は、東大柔道部OBでご自身も紀柔館のご出身でいらっしゃる柘植陽一先輩に仲介して頂き実現しました。間近に迫った全中の県予選前の練習相手となって今までのご恩に少しでも報いるべく、またこの機会に東大柔道部へのスカウト活動を行うべく、模範的東大柔道部員である私がまさに適任ということで、この大役を仰せつかりました。何故か最近暇そうだからとか友達がいなくて寂しそうだからとかどうせ柔道ばっかりやってるんだからとか、断じてそういう理由ではありません。

 

さて、現地での活動報告です。

紀柔館には幼稚園、小学生向けクラスから一般の方向けクラスまでありますが、私は主に中高生のクラスで全中予選に出場する選手と稽古させていただきました。18~20日は台風が近づくなか学校のあと稽古(学校がなくなっても稽古はなくならない)、21~23日は学校が夏休みになったため午前午後の二部練、そして24日午前の選手のみの特別稽古までご一緒させていただきましたが、長いときには2時間半ほどに及ぶ稽古を、皆最初の基本運動から最後の息上げや技直しまで一切手を抜かずに頑張っていました。また、高校生たちは高校の柔道部での練習のあと紀柔館に駆けつけて後輩に稽古をつけていて、頭が下がる思いでした。

しかも、紀柔館には柔道クラスだけでなく勉強クラスもあります。小学生から高校生まで皆、稽古の前後に道場に机を並べて一生懸命勉強していました。二部練の合間といったらひたすら寝て過ごすものと信じて疑わなかった私にとっては、大変なカルチャーショックでありました。東大生が来たということで多くの熱心な生徒さんが質問に来てくれましたが、皆一様に怪訝な表情で机に戻っていくのを見て、人にものを教えるということは難しいものだと思い知りました。質問に来てくれた皆さん、ありがとうございました。

生徒さんは皆素直で、真面目で、優しい子ばかりだなあ、と感じました。たとえば、柔道で教わったことはすぐに試し、わからないことがあれば質問してまた試し、そしてそれをその場限りにせず翌日、翌々日とやりつづけます。乱取りでは、私のところに走ってあたりに来てくれますし、二本、三本と自分から向かってきます。選手が全員でサーキットトレーニングをしたときには、早く終えた選手はまだ終わっていない選手を励まし、100キロを超える選手も軽量級と同じメニューを、倍近い時間をかけながらも妥協なくやり抜きました。中学生たちは自分の稽古が始まるよりずっと早く道場に来て、小学生クラスの試合練習の審判役を買って出ていました。皆よく子供たちの面倒を見ていましたし、子供たちもよくお兄さんお姉さんになついていました。挨拶、敬語、礼儀などもしっかりしていました。できて当たり前のようで、大学生でもなかなかきちんとできないものです。最近妙にチャラいみ○たけ、見習うように。

 

残念ながら、今回の大会では全中出場に届かなかったとのご連絡を頂きました。ですが、彼らなら次なる目標に向けてまた全力で取り組み、いつか必ず目標を達成することができると信じて応援しています。

私自身、この一週間で沢山の元気を頂いたので、紀柔館の皆さんに負けじと目標に向かって頑張りたいと思います。

 

今回の和歌山滞在中は沢山の方にお世話になりました。

腹巻先生とご家族の皆さま、紀柔館の先生方、塾生の皆さま、向陽高校の先生、生徒の皆さま、筑波大学柔道部の中条選手、さらに、御同行頂いた瀬戸口先輩、柘植陽三先輩、柘植陽一先輩に、心より感謝申し上げます。

本当に楽しく、有意義な一週間でした。これでも大分簡潔にまとめたつもりなので、書きたくても書けなかったことがたくさんあります。ここで書ききれなかった経験、感想なども、後輩らに向けて追々発信していきたいと思います。

今後とも、東京大学柔道部を宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

気づけば文字ばかりの記事になってしまいました。写真撮ってくればよかった・・・ weep

 

今年の夏も暑いですね sun紀柔館の皆さんも東大の部員も、体調を崩さぬよう気をつけて柔道頑張ってください sign03

 

東大柔道部ブログがほぼ清水の日記となりつつあるので、現役、OB問わずどんどん投稿していきましょう!

それでは、今回はこれにて失礼します wink

近況報告

 みなさんこんにちは。久しぶりの投稿となります、三年の石井です。 

毎日めちゃくちゃ暑いですよね(>_<)  寝苦しいですよね。  これが日本の夏なんですね。 今台風きてますけど。

すみません、なんか当たり障りのない挨拶ってことで無難に天気の話なんかしちゃって(笑)

そういえば前に聞いた話なんですけど、イギリス人は知り合いはもちろん、その場で会ったばかりの知らない人とも天気の話をするものらしいです。

そんなわけで今日はちょっとイギリス人気取りな(?)石井がお送りいたします(笑)

 

 さてさて、本題に移りましょう。われわれ東大柔道部は、大学の試験などの関係により、16日土曜日の練習を最後に

オフに入りました。 僕もこれから大量のレポートに追われる身です。

このブログではあっという間に大量の字数に到達してしまうのに、肝心の学期末レポートは全く進みません……

ホント、このブログの文章コピペしてレポートに貼り付けたい気分です(;一_一)  せめてもの字数稼ぎに(笑)

 

 そんな僕たちですが、実は17日も練習してきました。 

というのも、一橋大学で日本聾者武道連合柔道部との合同練習会が行われ、それに参加させていただいたからです。

そこには埼玉大学、首都大学も参加されていて、とても熱気のこもった稽古をしました。

午前午後の稽古のあとにはレセプションも行われ、他団体の方々と交流する機会まで設けていただきました。

そこでは全聾連の方々ひとりひとりが皆の前でお話をされました。柔道をはじめたきっかけや柔道に対する思いだったり。

それぞれの方々がそれぞれの思いを語ってくださいました。 その場にいた僕は胸が熱くなりました。

 

 そういったお話を直接お聞きできる機会はとても貴重ですし、柔道を通じてこのような機会をもうけていただき本当に感謝しております。

ただ、今回の経験で得られたことが形となってあらわれてくるのは多分まだこれから先の話です。 なにせ僕は人間としてまだまだです。

まだ、ただの大学生です。 社会に出てもいない自分はまだとてつもなく無力な存在です。

それでも、今回の経験で得られたことをすぐに答えとして出すことはまだできませんが、

時間をかけて自分の答えを出して、将来実践できたらなと思います。

このたびは、柔道を通じていろいろな人と交流できたことは素晴らしいなと思いました。

本当に、このような機会を設けていただきありがとうございました。 

 

 

 字数が多くなってしまったので、今回はこれにて失礼します。 今後僕もブログの更新に貢献できたらよいなと思います。

決して面白い文章とか書くことはできませんが、やっぱり更新することだけでも大事なのだなとは思うので。

引退

久しぶりの投稿となります。4年生の高渕です。

私は先日の全国国立大会をもちまして、幹部を交代いたしました。つきましては、これが私の最後のブログ投稿となるかと思います。引退に際しまして、皆様にご挨拶申し上げます。

 

まずは、先月北海道で行われました七大戦におきまして、初戦の東北大学戦で不甲斐無い試合をして皆様を落胆させてしまった事を心よりお詫びいたします。

私は大将での出場となり、私までの14人の先輩、後輩、同期の試合をずっと見て、応援していました。

 

これ以上良い展開は無いと言える程、素晴らしい内容でした。

 

正直、総合力や寝技の地力では東北大に分があったと思いますが、3年生以下の後輩たちが自分より格上の選手に対して、死に物狂いで今までに見たことのないような気迫のこもった試合をし、相手の取り役に連続で抜かれる事もなく、さらに値千金の勝ち星を挙げてくれました。相手の焦りが手に取るように伝わって来ました。応援していて言葉を失うほど、本当に感動しました。

また、同期の寺田も試合中に右手の指を負傷しながらも、一歩も引かず8分間攻め続け、大将決戦となりました。

ここで、私がしっかり引き分けて、代表戦へと望みを繋がなければなりませんでした。最上級生として、当然果たさなければならない仕事でした。

 

しかし、私はその仕事を果たすことは出来ませんでした。開始早々に足絡みの状態にされ、何も出来ないまま抑え込まれ一本負けしました。その瞬間、東大の負けが決定しました。私以外の14人は、本当に素晴らしい試合だったと思います。先輩方、後輩達は優しいので私を責めたりする事は有りませんでしたが、誰がどう見ても私の敗戦がチームの敗戦に結び付いたと言うと思います。

これまで私をご指導して下さった先生方、OBの先輩方のご恩を仇で返す様な試合をしてしまいました。敗北の瞬間、頭が真っ白になり、何も考えられなくなり、その後東京に帰るまで後輩、同期、OBの方々と誰とも目を合わせる事が出来なかった事を数時間前の様に思いだします。「こんな最低な自分になんで先輩達は怒らず、『お疲れ様』っていうんだろうか。自分はそんな言葉を掛けてもらう資格なんて一切無いのに。俺のせいで負けたのに。」とずっと考えていました。

 

 

 

私が幹部になったばかりの頃だと思いますが、ある先輩がこんな言葉をかけて下さいました。

「お前らの代は3人しかいなくて、心細いかもしれないけど、三者三様の重要な役割を持ってるんだよ。寺田は、柔道経験者で高校生の時に県で上位に進出したり、団体のレギュラーを務めたり、結果を残してきた後輩の、高渕は柔道経験者だけどそんなに強くなかった後輩の、そして堀内は柔道初心者の後輩の見本になってるんだよ。」

 

この言葉を聞き、私はとても身が引き締まる思いがしました。自分が見本となって、恐らく東大柔道部員の多くを占める、「一応柔道はしていたけれど、そこまで強くはなかった人間」が、東大柔道部での4年間でどのように成長すべきか、日ごろの練習、さらには試合結果で示さなければならないと思いました。

 

そのために幹部であった一年間、何よりも柔道を最優先し、強くなる事、結果を残す事をずっと追求してきました。

しかし、寺田が持ち前のパワーに加え、七大ルールへの順応に苦しみながらも、得意技の裏投を封印してまで腕絡、腕ひしぎ三角固等の強力な技で一本勝ちを量産し他大の脅威となる強力な取り役に成長し、堀内が正対下からの攻めをしっかり身に着け、得意技のスパイダーガードで強い相手を完封する様な試合が出来るようになったのに対し、私はあまりに成長度合が少なすぎましたし、結果も残せませんでした。結局最後まで、立ち技も寝技もどちらも中途半端で、これといった決め技も無く、試合で決まるレベルには達しませんでした。守りにおいても、体重の軽さ、力の弱さが最後まで改善されず、確実に守る事も出来ませんでした。

 

 

改めて幹部であったこの一年間を振り返ってみて、自分で納得のいく結果が何一つ残せなかった事が本当に残念です。また、先程述べたように、こんな自分を幾度となくご指導して頂いた先生方、多忙な中で稽古をつけて下さった先輩方のご期待に応えられるような選手になれず、本当に申し訳なく思います。そして何より、一年間付いてきてくれた後輩達の頑張りに七大戦で応えられなかった事が一番心苦しいです。幹部でいる時には、「自分の同期、後輩たちはこんなにも良い奴らで、こんなに日々頑張っていることを少しでも世の中の人に知ってもらいたい」という思いで一杯でした。そのために、何としても七大戦勝利を実現したかったのですが、それが叶わず残念です。

 

この度引退という事で日々の部活動からは距離を置きますが、柔道も、東大柔道部の事も心から大好きですので、ずっと応援し続けます。後輩達には、寺田や堀内の様な偉大な先輩を見習い、自分のスタイルを作り上げていって、試合で実力を十二分に発揮できる選手になって貰いたいと思います。

後輩の皆が一つでも多くの勝利を手にする為に、私も今後協力は惜しみません。私が道場に来たら、「よし、自分の技を試すのにちょうど良い練習相手が来た!」と思って、私を投げて、抑え込んで、絞めて、関節を取って下さい。皆が強くなるためには、自分の体はいくらでも貸します。

 

 

 

最後になりましたが、主務であった一年間は、大変なことも多くありましたが、それを上回る貴重で有意義な経験をさせていただきました。本当にありがとうございました。私の至らなさにより、様々な方にご迷惑をお掛けしたことを、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 

今後の東大柔道部のさらなる発展を心よりお祈りして、最後の投稿としたいと思います。

ありがとうございました。

 

4年 高渕 滋輝

幹部交代に際してのご挨拶

こんばんは、三連投目の寺田です。

前二つの、試合に関する記事の投稿のため遅れましたが、改めて、幹部交代に際しましてのご挨拶を申し上げます。

既にお知らせしましたが、7月3日(日)に行われた全国国立大会の終了をもちまして、幹部交代が行われました。

昨年の全国国立大会の終了後当時の境先輩より主将の任を引き受けてから、新主将としての所信表明をした日が今でも昨日のように思い出されます。試合終了後の池袋での宴会の席では新主将としてのコメントを求められ、コメントの最後に、現役部員に対して「これから、一年間闘うぞ!!」と言いました。そして、部員は皆それぞれ本当によく「闘い」、強くなり、チームを支えてくれました。

 

私の幹部学年はわずか3人と少数でしたが、師範、監督、多くの先輩方のご指導を賜り、そして今や大所帯となった部員、計23人に一年間支えられ本当に幸せな主将であったと思っております。本当にありがとうございました。

 

今季の試合での戦績は、七大戦こそ東北大学に惜敗し、不本意な結果でありましたが、東京学生団体でのベスト20入り全国国立大会ベスト8となり、部員は着実に地力を伸ばしてきております。しかしながら、師範、監督をはじめとして、新幹部学年は今の戦績に甘んじず、勝ちあがり内容の更なる向上東京の一部校などの強豪校への粘り強い闘いといった、より高いレベルへの到達を目指しており、それに見合う稽古に改革していくようです。

 

私自身は正直に申しまして2011年になってからは、関係者の方々が期待するほどの活躍はできず、試合での安定感にも欠け、指導陣の方々にはやきもきさせるような闘いも多かったと思います。最後の団体戦となる先日の全国国立大会でも、正直勝てるかどうかわからないという心境でして、河野監督も我慢して私を起用したことと思いますが、ベスト8までの試合で何とか勝ち、ここ最近の安定感の無い自分に対して一矢報いたような気持ちがしており、大変清清しい気持ちで幹部交代ができたと思います。試合の前から、一切余計なことを考えず、全くの無心(無策、やけくそ、無鉄砲とは異なります)で普段の自分を出すことに専念したのが良かったのかも知れません。もっとも、最終戦の鹿屋体育大学との対戦では1分半ほどで一本負けを喫し、部員の手本となるような試合はできませんでしたが。

 

先ほども申し上げましたが、この一年で東大柔道部のチーム力は明らかにぐっと向上し(これは、部員一人ひとりの意識の持ちよう、努力の結果ですが)、部員も大所帯となり、かつ部員一人ひとりが強さを求めることに対して貪欲になっており、これから、いよいよ更なるレベルアップ(具体的に言えば、強豪校にあっさり0-7の敗退をしないこと、0-7を1-5や2-4くらいになれるようにすること)を求めるスタートラインに漕ぎ着けたという段階にあります。

 

中野新主将率いる総勢23名のチームの更なる力の向上、発展を心から応援して参りたいと思います。

 

最後になりましたが、これまで一年間、力強くご支援を賜りました師範、監督、両親、OB・OGの先輩方、同輩、後輩には心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

前主将 寺田悠甫

【画像ギャラリー】全国国立大学柔道優勝大会

寺田です。記事連投します。

以下、試合の写真を掲載します。(写真は、1年の橋本が撮ってくれました。橋本、ありがとう!)

※写真撮影場所の関係で、選手が背を向けている写真が多いですがご了承ください。

・開会式

dscn21341

 

・対 東北大(東大は白)

dscn2138

・先鋒 光武

dscn2140

・次鋒 中野

dscn2142

・五将 林

dscn2143

・中堅 寺田

dscn2147

・三将 金田一

dscn2151

・副将 山村(決勝点となる4点目の勝利)

dscn2154

・大将 津留

dscn2157

 

・対 大阪教育大 先鋒 石井

dscn2162

↓石井が試合終了間際で抑え込みに入り、一本勝ち。

dscn2164

・次鋒 山村(不戦勝)

dscn2165

・五将 金田一(↓場外際で投げ技を仕掛ける)

dscn2167

↓金田一得意の巴投げに入る瞬間

dscn2169

・中堅 津留(不戦勝)

dscn2172

・三将 光武(開始早々立技で崩し、腰絞めで一本勝ち)

dscn2175

・副将 寺田(不戦勝)

dscn2176

・大将 中野

dscn2177

・決勝トーナメント一回戦(対山口大)

dscn21821

 ・先鋒 津留(寝技で攻勢)

dscn21841

 

・次鋒 金田一(横三角を試みる)

rscn2225

・五将 中野

rscn2226

・中堅 山村

rscn2227

・三将 寺田(腕を取り横三角に入る)

rscn2228

・副将 椿

rscn22291

試合終盤まで相手に有効のリードを許す苦しい展開ながらも、試合終了間際で逆転の技有を奪取。見事、チームの決勝点となる3点目を獲得。

(↓椿が試合終了間際に技に入る瞬間)

dscn21971

・大将 光武(SRTを仕掛ける)

dscn2200

 

・閉会式での整列(東大は列の中心)

dscn2228

・ベスト8入賞

dscn2236

・観戦、応援する部員

dscn2256

・全日程終了後に部員集合

dscn22611

 

いかがでしたでしょうか。今回は過去最大の画像掲載量となりました。

ご覧下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、何故か私のデジカメのデータに3年清水の単独画像が入っていたので、それも追加で掲載しておきます。d(゚∀゚ )

dscn2133

【簡略版】全国国立大学柔道優勝大会(7月3日 於:講道館)

こんばんは、4年の寺田です。

先日、講道館にて行われた全国国立大学柔道優勝大会の試合結果(簡略版)です。

 

我々東大柔道部は、3校リーグ戦で行われる予選リーグで

東北大学と大阪教育大学と対戦し、

東北大学には5-1、大阪教育大学には6-0(不戦勝3つを含む)でそれぞれ勝利し、

16校による決勝トーナメントへと駒を進めました。

 

決勝トーナメント一回戦は、山口大学と対戦し、3-2で東大が勝利しました。

二回戦は、鹿屋体育大学と対戦し、0-7で敗退しました。

 

最終結果は、ベスト8となりました

 

また、この大会終了をもちまして、東大柔道部では幹部交代となりました。

 

お暑い中、応援にお越し下さいましたOB,OGの皆様、

本当にありがとうございました。

 

 

試合の様子、幹部交代に際しての感想などにつきましては、次の記事に掲載いたします。

7月2日(土)

こんばんは、4年の寺田です。

6月の下旬になるや否や急速に季節が移り変わり、日中の気温は30℃を超え、

いよいよ本格的な夏の到来を(とりわけ柔道の稽古中に)肌で感じる頃合いとなって参りました。

 

さて、5月29日の東京学生柔道優勝大会に始まった今シーズンの公式戦は、

6月11、12日の七大戦、6月24日の全日本学生柔道優勝大会を経て、

明日3日の全国国立大学柔道優勝大会を残すのみとなりました。

 

七大戦以降のこれまでの3週間もあっという間に過ぎました。

先日の記事で3年清水が記載しておりますように、この3週間では全日本学生大会が

開催されたこともあり、他大学の現役部員やOBの方々に大勢出稽古に来て頂き、

充実した練習を行って参りました。

 

↓6月25日の合同稽古の様子(合計5大学、総勢60名超)

dscn2128

 

dscn2130

 

 

ところで、明日の全国国立大会を以って、東大柔道部では幹部交代となります。

つまり、私自身が団体戦に出場するのは、明日が最後ということになります。

引退試合ということで思う所も多々ございますが、まだ仕事は終わっていませんので、

本日のコメントはこれくらいにしておきます。

余計なことを考えず無心に闘い、そして悔いを残さぬ試合をしたいと思います。

 

それでは今晩は、この辺で失礼致します。