Home > 部員日記 > 第60回全国七大学柔道優勝大会

第60回全国七大学柔道優勝大会

主将の寺田です。

先日、北海道にて開催されました七大学柔道大会の結果をお知らせ致します。

我々東大は、一回戦は、東北大学との対戦となり、1人残しで敗退しました。

そして、敗者復活戦の一回戦では、本大会主管校の北海道大学と対戦し、

7人残しで敗退しました。

最終結果は、最下位(第6位)です。

 

今大会に向けて、部員一同練習に励み、また、師範、部長、監督、そしてOBの皆さま

には、多大なるご指導を賜り、本大会に対しても厚いご期待を頂戴しておりましたが、

ご期待に全くお応えできぬ結果となってしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。

本当に申し訳ございませんでした。

 

初戦の東北大との試合は、抜きつ抜かれつで3対3の同点で副将戦(14人目)まで

もつれ、副将であった筆者が相手の分け役を抜くことができず、大将決戦で東北大

の主将が勝ち、東大が敗退しました。

戦力的には、やや東北大有利かと思われましたが、東大の筆者以外の14人の選手は、

本当によく健闘しました。これ以上ないという良い展開で副将で出場する筆者にバトンを

渡してくれましたが、私が勝利できず、あと一歩及びませんでした。

 

敗者復活戦の北大との試合では、こちら側の抜き役が完封され、また3番目に

出場した相手主将に5人抜きをされ、7人のビハインドで副将の筆者の出番と

なりましたが、中堅に配置された相手の抜き役の防御を最後まで突破できず、

7-0の大敗を喫しました。

 

敗戦の責任は全面的に筆者にあります。私が与えられた役目を果たすことが出来ず、

師範、部長、監督、部員、他関係者の皆様には背信の試合をしてしまいました。

本当に申し訳ありませんでした。 

 

また、はるばる北海道まで応援に駆けつけて下さった関係者の方々には、この場を

借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

他にも思うところは沢山ございますが、ひとまず今回はこれにて記事を

終わりに致します。 

後日、詳細の試合結果と戦評を掲載致します。

 

※全試合の結果は、以下のようになりました。簡潔に掲載いたします。

(東大の試合の詳細版は、赤門柔道のサイトにアップされます)

・一回戦:東大 対 東北大 →1人残しで東北大の勝ち

     九大 対 名大 →3人残しで名大の勝ち

     阪大 対 京大 →1人残しで阪大の勝ち

・敗者復活戦一回戦:東大 対 北大(主管) →7人残しで北大の勝ち

             九大 対 京大 →1人残しで九大の勝ち

・敗者復活戦二回戦:九大 対 北大 →1人残しで北大の勝ち

・準決勝戦:阪大 対 北大 →?人残しで北大の勝ち

       名大 対 東北大 →5人残しで名大の勝ち

・決勝戦:名大 対 北大 →1人残しで名大の勝ち

 

優勝:名古屋大学

準優勝:北海道大学

第3位:大阪大学、東北大学

Comments:9

michie 11-06-13 (月) 23:18

結果のご連絡有難うございます。負けの責任を一人で背負わないでください。その為の15人and moreなのですから。京都も初日で負けたと聞きましたが、3年生が6人いるので来年の福岡開催は雪辱を期するみたいです。

西森(平成10年卒) 11-06-14 (火) 8:50

お疲れ様でした。結果は残念でしたが、大事なのはこの経験を次にどう生かすかです。
寺田君たち4年生は引退までの残りの期間でもう一度自分を鍛え直すと同時に、3年生以下が来年こそ優勝できるよう手助けしてあげてほしいと思います。

石原 研二郎(S52年卒) 11-06-14 (火) 21:02

敗戦の悔しさをバネにして、今後の柔道部活動に活かして下さい。

楠 和久 11-06-16 (木) 12:17

ご苦労様でした。試合を観戦して、結果は残念でしたが、この試合に賭けてきた覚悟は十分伝わりました。michieさんの言うとおり、結果を一人で抱え込まず、きちっと敗因を分析し、来年に備えましょう。
あとキャプテン生活も残り少ないですが、後輩にいい形でバトンをつなげられるよう、もうひと踏ん張りしてください。応援しています。

michie 11-06-16 (木) 23:54

【少々長文になります】
今年の七大戦の試合結果の情報提供有難うございました。michie名で2回コメントをしました。主将の寺田さんには一番辛いであろう時に試合のコメントを求めることになり申し訳なく思っています。

自分は道本(みちもと)といいます。東大OBではなく、他の6帝大卒でもありません。一橋大学法学部昭和59年卒ですが、柔道部ではありません。柔道との関わりでは、大阪府警の元谷金次郎8段と縁あって30年近くの親交があります。今年も6月25日は全日本学生を一緒に観戦予定です。今年はエントリーフリーなので全国大会に一橋も出場するのですが、25日(3回戦)には残らないと思っています。

元谷先輩は京都を指導しているので、また自分は大阪勤務が長かったので、七大戦では基本的には京都を応援しています。現在は世田谷区に住んでいるので準地元という感覚で東京も「少し」応援したりもします。関東以北の人には馴染みがないと思いますが、高校卒業までは山口県下関市(本州最西端市)に居たので九州も声援したい親近感はあります。2年前の東京開催(講道館)を観戦しましたが、印象では名古屋は勢いと躍動感があり、北海道有利の下馬評を跳ね返したと感じました。(尤も去年の名古屋開催では逆に北海道に雪辱されましたが)

月曜日のブログに「試合の結果を教えてください」とコメントを書いたのですが、実はその後、元谷先輩から電話をもらい順位結果を知ることになりました。各対戦については貴ブログの記述を参照させていただきました。全体的には例年より僅差が多かった印象です。最近は京都も初日敗退が続いていますが、来年の京都は少々手ごわいと思います。

寺田悠甫 11-06-18 (土) 0:02

michie(道本)様
数件にわたるコメント投稿、誠にありがとうございました。
結果については、しっかりと反省し分析をしたいと思います。

寺田悠甫 11-06-18 (土) 0:07

西森先輩

コメント投稿、誠にありがとうございました。
試合の直前まで具体的な技術指導をしていただき、また、かねてより応援の言葉を頂いておりましたが、結果で報いることが叶わず、自分の力不足を大いに痛感している次第であります。
現在ようやく気持ちも落ち着き、かつ冷静になりつつあるので、しっかりと試合の反省をし、自分が痛感したことを来年出場する選手に伝えて参りたいと思います。
今後とも、宜しくお願い致します。

寺田悠甫 11-06-18 (土) 0:11

石原先輩

コメント投稿、誠にありがとうございました。
敗戦の悔しさは自分が思っていた以上に大きく、私自身が相当な心残りをすることとなったので、引退まで残された期間はわずかでありますが、自分が納得できるように過ごして参りたいと思います。

今後も、宜しくお願い致します。

寺田悠甫 11-06-18 (土) 0:24

楠先輩

コメント投稿、誠にありがとうございました。
試合は冷静に分析して参ります。
また、北海道では試合終了後に、私に温かいお言葉をかけて下さり、本当にありがとうございました。
主将でいる期間も残りわずかとなりましたが、この期間は非常に貴重であると思っておりますので、一日一日を惜しみつつ、大切に過ごして参りたいと思います。

これからも何卒よろしくお願い致します。

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > 第60回全国七大学柔道優勝大会

メタ情報

Return to page top