12月3日(金)

3年の寺田です。

先に四年生の境先輩が挨拶をされていましたが、先日の二部優勝大会を以って

四年生の先輩方が引退されました。

 

稽古は3年生以下で継続していますが、やはり四年生の方々のいない練習は

なんだかとても寂しいというか、随分と人数が減ってしまったなと思ってしまうような

感じが致します。

それだけ、四年生の先輩方の存在は大きく、現在の東大柔道部の盛り上がりの重要な

位置を占めていたのだと痛感します。

 

現幹部学年は3人と少数ですが、それでも尚、四年生の方々がいらした時と同様に

しっかりと部を盛り上げることができるようなんとか頑張っていきたいと思います。

 

改めて、四年生の皆さま、本当にお疲れ様でした。

 

※四年生引退セレモニー@七徳堂 での集合写真(2010.11.28)

2010e5b9b4e59b9be5b9b4e7949fe5bc95e98080efbc921

12月3日(金)” への1件のコメント

  1. 私たちの二部大会も二回戦で創価大に2-3で負けて終わりました。まあ当時創価大は推薦で選手を採り始めたところでしたが。
    写真を見て決定的に違うのは女子部員がいるなあということです。

    私らの一つ上の時は全○サッカーをやったが、
    (慶応に勝ちさえすればベスト4まではいける組み合わせで、慶応に1-2の逆転負けを喫し、バカなことやるしかなかったんだろうなと今は思う。)
    私らの時は某国営放送に行った奴が引退式やりましょうということで、前年とはうって変わって七徳堂で粛々と下級生から話が始まり、もう上級生は泣くしかなかった。
    今思うと、ディレクターになるべくしてなったなと。最優秀監督賞、脚本賞受賞。
    最優秀主演賞上級生一同。最優秀助演賞下級生一同。
    すべてはシナリオのままに。

    4年生が抜けると寂しい面もあるが、それぞれ自覚がでてくるはずなので、自覚というものが著しい成長に結びつくことは多いから各自頑張って下さい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">