Home > Archives > 2010-06

2010-06

6月26日(土)

3年寺田です。

更新は日付が変わってからとなりましたが、26日土曜日の記事です。

今日の練習にも、多くのOBの方々や新日鉄社の吉永さんに来ていただきました。

皆、全国国立柔道大会に向け気合いのこもった稽古をしていました。

 

七大戦終了以降、また寝技の基礎訓練(部分乱取り)が再開されていますが、

1年生もようやくこの形式の練習に慣れてきたのか、最初よりは動きが良くなって

きているように思いました。

 

稽古終了後は部員10人ほどで、量の多さで有名な駒場の定食店「苗場」に行きました。

木曜にも行ったので、今週2回目だったわけですが、量の多さを示す参考画像

を撮り忘れてしまいました(笑)

次回行く機会があれば、記事に上げようかと思います。

食事代は、河野監督が全額支払って下さいました。

河野監督、ありがとうございました! ごちそうさまでした!

 

ところで、ちょっと記事にするのが遅れてしまったのですが、

↓ 22日(火)に新たに新入生が練習に来てくれました! ↓

dscn1861

大阪星光学院高校出身の明石(あかいし)孝介君です。

初段で、柔道歴は4年ほどとのことです。

1年の林佑樹が柔道部に誘ってくれたようです。

 

是非、入部してくれたらと思います。

全日本学生柔道優勝大会

2年の清水です。

今日は、中野、北藤、金田一、津留と共に、全日本学生柔道優勝大会(於:日本武道館)の競技役員として働いてきました。

電光掲示板を操作したり・・・といった仕事です。

仕事の合間に、間近で試合を見ることができました。

どの試合もハイレベルですばらしいものでしたが、今回特に印象に残ったのは、九州大学(女子)の試合と、北海道大学(男子)の試合です。

どちらも、七大戦を通じて交流のある大学ですが、寝技重視の七大ルールでの柔道を、国際ルールに上手く適応させて闘っていました。

九州大学は、亀になった相手に飛びつくなど、隙があればすかさず寝技で攻めに行っていたのが印象的でした。

北海道大学は、巴投げをかけるなどして、上手く寝技に持ち込もうとしていました(仕事場所から遠かったため、あまりよく見られませんでした)。

結果は、残念ながら両校とも1回戦負けでしたが、強豪校相手に、七帝柔道を用いて積極的に攻めていてとてもすばらしかったです。

僕もこのようなハイレベルな七帝柔道を行えるように、頑張りたいです。

九大の方々、北大の方々、お疲れ様でした!!

思い返せば、去年の今頃も、同様にこの試合の競技役員をやっていました。

右も左もわからなかったそのころに比べて、今年は試合で何をやっているのかがけっこうわかるようになってきました。

特に、寝技に関しては、ちょっとした解説をつけられるくらいにはなれたのではないでしょうか。

今度は、この1年間で学んだことをきちんと後輩に引き継ぎたいです。

また、よりいっそう自分の寝技力を磨いていきたいです。

そして、七大戦後のレセプションで話しかけたときに、「お前誰?」と言われないためにも、試合で活躍したいです(合同合宿で話したはずなのに、某大学の方に完全に忘れられていたのは悲しかったです)。

一方、今日お会いした九大のKさんは、なんとなく覚えていてくださったようでした。

本当にありがとうございます(涙)

試合お疲れ様でした!!

仕事が終わった後は、5人でご飯を食べに行きました。

e585a8e697a5e69cace5ada6e7949fe5be8ce381aee5a495e9a39f

疲労のせいか、みんな暗いですね(汗)

明日もまた仕事がありますが、今日よりは時間が短いので、頑張りましょう!!

6月18日(金)

3年寺田です。

七大戦後のオフが明け、練習が再開されました。東大以外の六大学では

幹部が交代したようですが、東大はまだ引き続き4年生の方々が幹部を続行

されています。

4日のオフを挟んでの稽古でしたが、皆激しい良い稽古をしていました。

また、今日から基礎的な技術の訓練(部分乱取りなど)が始められました。

通常の乱取りとは異なった部分乱取りでは、特に1年生は上級生との練度の

差が出やすく、最初はかなり苦戦することもあると思いますが、非常に重要

な基本技術の習得のためですので、しっかり取り組んでほしいと思います。

当の自分は現在負傷箇所があるので、早く回復させ稽古に復活できるよう

努力します。また、日時は未定ですが、来週には七大戦の反省会を開く予定です。

6月16日

2年生の清水です。

今日はオフなので、境先輩と一緒に、母校である開成の練習に参加しました。

高校の先輩で、現在、一橋大学柔道部主将の木村先輩が、教育実習のため、木村先生として練習に参加されてました。

木村先生は、己の肉体、特に下半身の筋肉には自信があるそうです。

教育実習先にもきちんとプロテインを持ってくるのはさすがです。

e69ca8e69d91e58588e7949f1

僕も木村先生を見習って、強靭な肉体を手に入れたいです。

以前は人数が少なくて危機的状況だった開成柔道部ですが、中学・高校共に新入部員を迎え、大変活気づいていてよかったです。

ぜひ東大柔道部に・・・、と言いたいところですが、とりあえず、このやる気を引退するまで持続してもらいたいです。

練習後は、OBの坂本先輩にお金をいただいたので、境先輩、木村先輩とご飯を食べにいきました。

坂本先輩、本当にありがとうございました。たくさん食べて強くなります。

夕飯を食べた後は、柔道部のマドンナを呼んで、4人でお酒を飲みに行きました。

もっとも、木村先生は、翌日も実習のため、お酒は控えていらっしゃいましたが。

一方、僕と境先輩は、七大戦からの解放感から、ついたくさん飲みすぎてしまいました。

木村先生とマドンナさんには、酔っ払いの世話をさせてしまって申し訳ありませんでした。

詳細はよく覚えていないのですが・・・。

お酒を飲んだところで木村先生は帰宅されて、残りの3人でカラオケに行きました。

3人とも、よく聴く曲が見事にズレていたので、仕方なく、いわゆる電波ソングを歌ったところ、あれれ、おかしいな・・・、意外と知られていて驚きました。

ニ○ニ○動画で見たことがあったり、先輩が部室でやられていたゲームのBGMのアレンジだったり、先輩の車に乗せていただいたときに流れていたりしたそうです。柔道部恐るべし。

結局、2日連続で朝帰りとなりました。

18日からは練習が再開するので、生活リズムをきちんと戻したいです。

6月15日

2年生の清水です。

筋トレを終え、夕飯を食べて帰宅後、家でくつろいでいました。

すると突然、渡辺直人先輩から電話がかかってきました。

「焼肉食べに行かないか」

夕飯を食べたばかりでしたが、ちょうど体を大きくしないといけないと思っていたこともあり、

「ぜひ参加させてください」

と返事をしました。

高田馬場駅で、武田先輩、渡辺先輩、渡辺先輩のラ・サールでのご友人(Dさん)と合流し、焼肉を食べに行きました(おごっていただきました)。

注文した肉の量が多くて店員さんが驚いていましたが、無事完食しました。

ごちそうさまでした!!

最近は金欠で大変ですが、たくさん食べて、体重を増やすようにしたいです。

武田先輩、渡辺先輩、Dさん、ありがとうございました。

女子結果報告

4年の熊王です。

今年度の七大戦で、女子は名古屋大学と決勝戦を行い、2校同時優勝となりました。

自分の試合に関して言えば、反省すべき点はかなりあるのですが、最後の七大戦で優勝という結果を残せたのは素晴らしいことだと思います。

一緒に試合に出てくださった黒川先輩と米山さん、試合会場にまで応援に来てくださった塩苅先輩や井上先輩、またOBの方々、本当にありがとうございました。

七大戦は終わりましたが、引退までに国際ルールの試合がいくつか残っているので、気持ちを切り替えて頑張っていこうと思います。dsc00547r

七大戦

こんにちは。四年生 主将の境です。

 

僕がぐずぐずしている間に寺田が結果報告をしてくれました。

 

寺田の投稿の通り、男子は三位という結果でした。

対戦相手は、奇しくも昨年大会とまったく同じく大阪大学、名古屋大学でした。

詳細な記録については、東大柔道部HPをご参照ください。

 

一年間、七大戦での優勝を目指して皆で稽古に励んできましたが、結果を残すことはできませんでした。

 

東大は幹部学年の交代までにあと3週間ほどあるので、その間にしっかりと引き継ぎを済ませなければなりません。

 

寺田を中心とする新チームに期待したいと思います。

 

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

第59回全国七大学柔道優勝大会:結果報告

3年寺田です。

ブログ投稿が数日遅れてしまいましたが、2010年度の七大戦の結果をお知らせします。

今年の七大学柔道大会は名古屋大学主管で、愛知県武道館にて開催されました。

12日(土)に東大は大阪大学と対戦して勝利し、翌日の準決勝に駒を進めました。

13日(日)の準決勝は名古屋大学と対戦し、敗退しました。最終結果は3位です。

 

はるばる名古屋まで応援に駆けつけてくださったOB・OGの先輩の方々、

本当にありがとうございました。試合の詳細の結果は、後日赤門柔道のHPに

掲載されると思いますので、そちらを参照してください。

 

試合の反省やその他、感想など思う所は沢山ありますが、ひとまず今回の記事

では結果報告のみに留まらせていただきたいと思います。

 

この大会までの一年間に関係者の方々には多くのご尽力を賜りました。

この場を借りて感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。

Home > Archives > 2010-06

メタ情報

Return to page top