2月26日

こんにちは。一年生の石井です。

昨日、今日と国立大学の入試で東大キャンパス内の道場が使用できなかったため、出稽古をさせていただきました。

昨日は学習院大学、本日は成蹊大学にお邪魔させていただきました。学習院大学、成蹊大学の皆さま、ありがとうございました。

おかげさまで充実した稽古をさせていただくことができました。

さて、昨日と今日と入試だったわけですが、僕の母校は集団で東京に受験に来ていました。

そこで、激励と称して宿舎にお邪魔すると、なんと……

その中に中高時代の部活の後輩が三人もいました!!\(^o^)/

三人とも有望な後輩たちなので合格後にぜひ東大柔道部の練習を見学してくれるように頼んでおきました(^^)v

僕はとても頼りなく、慕われているような先輩ではないのですが、こんな僕を見ることで彼らが少しでも試験前にリラックスしてくれたなら、うれしいです。

大丈夫、彼らならきっと合格しているはずです!!!! 少し早いですが新歓の真似ごとなどをしてみました。

さて、四月になれば新たに新入生が入ってきます。僕たち一年生も上級生となるわけです。

そこで、僕たち一年生には、いつまでも先輩の背中を追いかけるだけでなく、自分から進んで強くなろうという姿勢が必要なのではないでしょうか。

実際、最近の稽古では同期の一年生たちの気迫のこもった姿をよく目にするように思います。自分自身ももっと頑張らなくては、と思わされる次第です。

津沢師範が日頃よりおっしゃっている「激しい稽古」というものを心掛けて日々の稽古に励みたいと思います。

春休み中にひとまわりもふたまわりも強くなれるよう、がんばりましょう!!

最後に、このブログを見てくださっている受験生の皆さまの合格を祈願して失礼させていただきます。

サクラサケ!!\(^o^)/

七徳杯も近くなって参りました。

久しぶりにブログを書きます。三年の細川です。

試験休みが明けて一週間ですが、土曜日はキツいですね。全身の筋肉が痛いです(。>0<。)

ところで、僕は主務という役職なのですが、そろそろ七徳杯という大仕事が近づいてまいりました!!今週はかなり仕事しましたよp(*^-^*)q

七徳杯とは、東大柔道部が全国の進学校を招待して開催する大会のことです。東大は部員の半分ほどが高校生の時に七徳杯に出場をしていることもあって、重要な大会なわけです。

高校生の頃を振り返ってみると、東京!に行けるということもあって、ワクワクドキドキしていたのを覚えています。それから五年近く経った今、自分が運営責任者であることが、何だか不思議な気がします。といいますか、落ち度があったら洒落にならないなぁと、ビビっている次第であります\(;゚∇゚)/汗

七徳杯が終わると主務の役は解任となりますO(≧▽≦)O ワーイ♪

ところで、七徳杯という名前は本郷キャンパスにある武道場・七徳堂に由来しています。歴史を感じさせる、立派な建物です。

で、「七徳」って何や?と思いますよね。現役部員もたぶんあまり知らないと思います。灯台下暗しとはまさにこのことですね笑

由来は、 『春秋左氏伝』の一節です。

武に七徳有り
それ武は
暴を禁じ
兵を止め
大を保ち
功を定め
民を安んじ
衆を和し
財を豊かにするものなり      (宣公十二年の条)

ははぁ~<(_ _)>ですね笑

2月18日の稽古

3年の熊王です。

テスト休みが明けてから、もう4日が経ちました。トレーニング実習に出ていた2人も練習に参加するようになり、やっと全員揃ったかと思いきや、今日から法学部でテストが始まったり、寒さのせいか怪我人が多かったりと、なかなか全員で練習をすることができません。

そんな中、今日は午前に高山先輩と黒川先輩が、午後には津沢師範と大泉さんが来てくださいました。先生や先輩方のご指導は、本当にためになるので、どんどん吸収していきたいと思います。

昇段

2年の堀内です。

昨年11月末に松原部長の所属されている高木道場で中野区の昇段審査を受けさせていただいたのですが、本日、講道館の昇段証書を受け取って参りました。

一昨年5月に白帯で入部して、ようやく初段を取ることができました。

これまで御指導、御世話して下さった全ての方への感謝の意を大切に、今後とも精進していきたいと思います。