3月31日

新3年の熊王です。

今日は、運動会主催のフライングオリエンテーションというものがあり、柔道部員も参加してきました。これは、新入生がもつ、運動会へのイメージの向上を図るための催しだそうです。ただ、運動会の紹介だけではなく、駒場や本郷でのキャンパスライフについてや、アルバイト事情などの紹介も行っていました。昨年も参加していた方々の話によると、今年は入場者数は少ないものの、雰囲気は断然いいとのことでした。今日、この催しに参加してくださった新入生の、運動会へのイメージが向上したかどうかはわかりませんが、これで得た情報が、彼らにとって有益だったことを祈ります。

また、今日の練習には、新1年の清水君と、花房君が来てくれました。2人とも、柔道部に入ってくれるそうで、嬉しい限りです。本格的な新歓は明日から始まるのですが、彼らのおかげで、いいスタートが切れました。この調子で、明日からも、新入部員の確保に励みたいと思います。

七徳杯

こんにちは、4年の碇です。

3月29日、駒場の柔道場にて全国高校生招待試合、七徳杯が開かれました。

結果は以下のとおりです。

優勝 函館ラ・サール高校

準優勝 白陵高校

第3位 芝高校、城北高校

参加高校(17校):愛光高校、浅野高校、旭丘高校、宇都宮高校、浦和高校、海城高校、川越高校、高知学芸高校、芝高校、城北高校、巣鴨高校、成蹊高校、灘高校、白陵高校、函館ラ・サール高校、日比谷高校、ラ・サール高校

もっと詳しいことはホームページのほうに載せます。

今年も熱戦の連続でした。

優勝が決まった瞬間、函館ラ・サールの選手と、関係者の方々が非常に嬉しそうにしていたことが印象に残りました。それだけこの大会に強い思いを持っていてくれていたのだと感じ、こちらまで嬉しく思えました。

選手のみなさんは、9時の試合開始から、昼休みを挟んで15時過ぎまで長い時間、大変ハードだったと思います。遠くから来た学校はなおのことでしょう。お疲れ様でした。よくお休みください。

試合のあとは、大学生と高校生で乱取りをし、その後は講義時間。

本田さんの横三角と、小宮山さんのSRT(七大ではこんな凄い名前が定着しちゃっています)、練習すればきっと試合でバンバンかかりまくるようになると思います。ぜひ使ってください。

その後の柏崎先生の捨て身技の講義は、その切れ味に高校生だけでなく、大学生も感嘆するばかりでした。

今年も無事に七徳杯を開催することができてよかったです。

この大会に全国から、これだけ集まっていただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。