Home > 部員日記 > 3月2日の稽古

3月2日の稽古

1年の堀内です。3月になりました。あと1ヶ月程で2年となり、新入生が入ってきます。それまでに少しでも実力を上げておきたいところです。

今日は二部練を行い、午前と午後合わせて、柏崎先生、松原部長、岩永監督、その他沢山のOBの方々が来て下さいました。更に松原部長の縁故で、バルセロナ五輪で銀メダルを獲得した溝口選手が練習を見に来て下さいました。東大柔道部は本当に環境に恵まれているので、それを是非生かして精進していきたいという所存です。

明日は信州大学、大阪大学が出稽古に来て下さるため、また二部練となります。大変ですが、攻める姿勢を大事に頑張っていきたいと思います。

Comments:1

本田 09-03-03 (火) 0:38

今日稽古に参加してきました。
今日乱取りをした中で、全体的に、下からの攻めがうまくなってきたと感じましたが、稽古の始めに反復練習でやっていることが乱取りで生かせてないのではないかとも思いました。
また、二年の細川がメリハリのある柔道をするようになっていたのには驚きました。柴山縦の威力も増してました。立ち技でいえば、さらに前技と後ろ技のコンビネーションも意識できればいいかと思います。あと、組み手を妥協しないこと。
組み手や足技で相手をだますことを覚えればまた一段と強くなるかと思います。
境も組み手で妥協することが数回ありました。
立ち技で勝負できる選手とやるときは組み手の妥協は命取りとなるので注意してください。
寺田は、技のタイミングはいいとして、上半身の動きと下半身の動きが対応していないように感じました。無理やり力に頼ってしまうのはこのせいかもしれません。一人打ち込みや部分練習で基本に立ち戻ってみるのがいいかと思います。あと、調子のいいときの自分と悪いときの自分とで何が違うのかを考えてみるのもいいかも。

稽古時間の多く取れるこの春休みは、全体での研究に加えて自分の技についても整理するいい機会かと思います。
今週水曜にまた稽古行きます。

Comment Form
Remember personal info

Home > 部員日記 > 3月2日の稽古

メタ情報

Return to page top