Home > 自己紹介 > 【自己紹介】1年の堀内です

【自己紹介】1年の堀内です

1年生の堀内康平といいます。愛知県豊田市出身で、文科一類に所属しています。部活動という形で本格的に柔道をやるのは大学からで、現在、部員唯一の白帯です。

中学、高校とバスケットボール部に所属していましたが、高校時代に様々な局面で自らの運動神経の無さを自覚した自分は、初め大学で運動部に所属することなどほとんど考えてなく、したがって当然柔道部への入部など微塵も考えていませんでした。しかし4月初め、入学の諸手続きを終えて大学の建物を出ると、信じられないくらい多くの部、サークルが列をなして新入生を待ち構え、新入生の勧誘に励んでいました。その中で柔道部の勧誘も受けました。2週間後に新入生を対象に茶話会を開いて、すき焼き、しゃぶしゃぶを御馳走する、という話を聞き、行ってみようかなと思いました。2週間後、高校生の時授業でやった柔道では寝技乱取りが楽しかったなー、というくらいのイメージを持って、大して入部への意志があるというわけでもないながらも、茶話会へ結局行きました。茶話会で、東大の柔道部は寝技の練習量が多い、という話を聞きました。あと先生から、一度見学だけでも来てほしい、とお誘いを受けました。柔道部の練習というのを見てみたい、という気持ちも少しあり、1週間後、初めての練習見学に行きました。乱取りになってふと気が付くと、どの組も寝技をやっていました。恐らくこの時見たものがテレビでよくやっているような立ち技中心の柔道だったら一回だけの練習見学で終わったのでしょうが、ともかく寝技の練習量が多いということを確認するとともに、そんな柔道に魅力を感じました。やはりすぐには入部を決意するに至りませんでしたが、しばらく考えて、その2週間後、5月になってからようやく入部を決めました。

部員唯一の白帯ということで、取られてばかりで厳しい状況が続きますので、まず、やめないことを目標に頑張っていきたいと思います。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 自己紹介 > 【自己紹介】1年の堀内です

メタ情報

Return to page top