Home > 自己紹介 > 【自己紹介】四年の佐竹です

【自己紹介】四年の佐竹です

東京大学柔道部四年の佐竹卓也です。

昨年度主務という役職についています。主務をひらたく言えばマネージャーです。仕事は他大学との連絡や試合申し込みなどです。

学部・学科は法学部第二類(公法コース)です。専門的な勉強はこれからといった感じです。最近は法律より政治学の勉強の方が楽しくなってきました。

出身高校は麻布高校です。私服の高校だったのでファッションセンスが良くなるはずでしたが、なぜかセンスが悪いとよく言われます。柔道着の着こなしも良くないようです。現在帯の位置や結び方など試行錯誤し、強く見えるよう研究中です。

柔道は中学高校と学校の授業で経験し、大学に入ってから本格的にはじめました。大学から柔道をはじめる人はあまり多くないので不思議がられます。実は自分でも入った理由はハッキリしないのですが、東大柔道部の「何でも受け入れよう」という雰囲気に惹かれ三年続けています。

「柔道が面白くなるのは始めて1年たってからだ。」と言われますが、自分も確かにそうでした。しかし稽古以外の時間で部員と気をおかず話したりゲームをしたり、ときに飲み会で楽しく騒いだりすることが楽しく、一年生の時から充実した学生生活を送っています。

現在の目標は「強い相手にも一発では投げられない受けの強さをつける。」「立ち技から寝技への移行で積極的に攻める。」です。

佐竹 卓也

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 自己紹介 > 【自己紹介】四年の佐竹です

メタ情報

Return to page top