Home

東大柔道部ブログ

駒場祭が無事終了しました。

こんばんは。駒場祭係2年生の扶川です。

今日、駒場祭が無事終了しました。焼き鳥を食べてくださった皆さん、応援に来て頂いた先輩方、どうもありがとうございました。カンパもたくさんいただき、部員一同、心から感謝しています。カンパは1年生のごはん代にさせて頂きます。1年生もようやく体ができてきて、まだまだ未熟なところも多いですが、私も含めて部員全員で精進していくつもりです。

焼き鳥は案の定というか、余りました。これから焼き鳥で鍋にします。自分の責任なのでお腹いっぱい食べる所存です。来年は、初日を完全にバーベキューにするのもありかなと思っています。むしろバーベキュー屋にしようかな?

最後に誰にも突っ込まれなかった扶川検定の答えを紹介して終わろうと思います。

第一問は僕の称号に関する問題でした。答えはdのfragile heartです。これに答えられた人は扶川の友達か東大柔道部員です。正しくはfragile metalでした。もしくはガラスの心、簡単に砕け散ります。
第二問は僕の得意技に関する問題でした。答えはdのSBCです。今まで3人の腕を折ってきました。かわいそうなことをしました。ただひとつ言えるのは、あれは全部事故です。ごめんね。
第三問の答えはeの合コンでした。自分のメンタルを傷つけながらも女の子とのふれあいを求め、まさに火の明るさに惹かれてとびこむ羽虫のようなみじめさ。でもそれが好き。ちなみに選択肢にとらわれるような型にはまった人間は僕とは方向性が違うようです。さようなら。そして、ありがとう。君のことは忘れないよ。

というわけで、来てくれた皆さんありがとうございました。

駒場祭二日目!

こんにちは。駒場祭係、2年生の扶川です。

はやくも駒場祭二日目が終了し、残すところは最終日のみとなりました。焼き鳥を食べてくださった皆さま、どうもありがとうございました。

ところで、われわれ現役部員一同は、OB,OGの先輩方と焼き鳥を食べながらお話をしたり、先輩方の武勇伝を聞きたいと、常々思っています。駒場祭はその数少ない機会ですので、お忙しいとは思いますが、どうか顔を見せに来て頂けたらと思います。
とくに今年の1年生は自主的に、先輩方がもしいらっしゃれば、大声で部歌を歌うと宣言しております。実際、ひとりずつ一時間おきくらいで、全員が屋台の前で歌っていました。柔道部の前の人たちが、苦笑とともに足早に通り過ぎる光景が見られましたが、そんなことは重要ではないのです。宣伝よりも大事なことがあるのだと思います。

最後になりますが、細川先輩、田村先輩、徳永のおじさん、カンパありがとうございました。

駒場祭やります!!

こんにちは。駒場祭担当、2年生の扶川です。

冬の足音が聞こえてくるようになってまいりました。駒場では銀杏並木の金色の輝きが、僕を筋トレへといざなっております。そう、冬は筋トレの季節なのです。私の胸はもはや新垣結衣を超え、今や広瀬すずに肉薄するところであります。やっぱり男として女の子に胸では負けたくありません。

時候の挨拶はこのくらいにして、皆様にお知らせがございます。駒場祭が今週末、25,26,27日の3日間にわたり開催されます。わが柔道部は焼き鳥をやります。焼き鳥屋横三角という名前です。炭火で焼き上げる本格的な焼き鳥で、おいしさには定評があります。そして自分たちでもしっかりと十分過ぎるほどに味見を行います。はずれはありません。場所は下に貼っておきます。

OB,OGの先輩方、受験生の皆さん、青春を謳歌する東大生、謳歌できていない東大生、他大学の方、なんとなく遊びに来た近所の方、アメリカンな方、ブリティッシュな方、インディアンな方、チャイニーズな方、ジャニーズな方、トランプ次期大統領、安倍首相、プーチン大統領、をはじめ皆さまのお越しをお待ちしております。

さてここで恒例の扶川検定を行いたいと思います。もし正解された方がいらっしゃれば、正解の数に応じて焼き鳥を無料で差し上げます。是非挑戦してみて下さい。

 

第一問

僕はいくつかの称号を手にしていますが、以下の中で正しくないものはどれでしょう。

a)体調不良界の超弩級

b)ガラスの腰

c)柔道部一のぶきっちょ

d)fragile heart

 

第二問

僕の得意技は何でしょう。

a)横三角

b)礼儀

c)ローキック

d)SBC(super bone crusher)

 

第三問

僕の 好きなトレーニングのメニューは何でしょう。

a)チアが練習してるのを見ながらやるベンチプレス

b)女子大の学祭で行うメンタルトレーニング

c)合気道部女子の隣で行う乱取り

d)もし彼女とのデート中、誰かに襲われたら、どういう技で投げて、抑え込むか、というイメージトレーニング(僕に彼女はいません。安心して下さい)

 

答えに関しましては、当日、「焼き鳥屋横三角」に来て頂いて、「扶川検定を見たよ」と一言お声がけください。

ぜひきてね

お茶の水女子大で出稽古してきました

こんにちは。一年の德永です。日曜日にお茶の水女子大学に遊びに、もとい駒場祭の宣伝に行って参りましたのでこの場でご報告いたします。
当日は11時に集合の予定だったのですが、僕は2分も遅刻してしまいました。30分前に到着して入念に準備をしていた福島にたるんでいると言われてしまいました。不甲斐ないです。なお、結局集合時間に間に合ったのは福島だけでした。
そして、到着した扶川先輩と合流し、3人で大学に飛び込みました。するとそこには異様な光景が広がっていました。見渡す限りの女の子でした。3人とも男子校出身者だったので、あまりの女子の多さに圧倒されてしまいました。ちなみに僕は女子の顔を直視することができず、うつむいて歩いていました。しかし歩いていくうちに楽しくなってきたようで、特に福島などは終始ご機嫌で、本当に幸せそうでした。
さて、毎年『新妻カフェ』というカフェに行っていると聞いたのでそこへ行こうとしたのですが今年は無くなっていたようです。残念至極でありました。しかし、その代わりに『恋愛診断カフェ』というカフェに行き、3人揃って恋愛診断をしてもらいました。福島は『夢見るプリンセス』タイプ、僕は『超謙虚なフォロワー』タイプ、扶川先輩はこれらのタイプのハイブリッドだそうです。『夢見るプリンセス』は理想が高いためになかなか理想の相手に巡り会えないそうです。『超謙虚なフォロワー』は自信を持てず、一歩引いて支えることに徹してしまうために相手に巡り会えないそうです。女子の方にそのようなありがたいアドバイスを受けている間、僕は女子と全く目を合わせることができませんでした。実力が足りませんね。
淺井と中村が合流したのち、皆で縁日に行きました。淺井と福島は高得点を叩き出し、景品をもらうことができました。特に淺井はモグラ叩きで歴代最高得点を獲得しました。立派だと思いました。

↑景品をもらってご満悦の福島です。

↑さらには合気道部の出店では技をかけてもらいました。

さて、僕たちはただ遊んでいたわけではありません。試合での度胸を養うため、女の子に積極的に声掛けもしました。特に中村は半ば変質者と化していたので、大いに期待が持てます。

↑重そうな荷物を持っている女の子に声を掛けて荷物を持つ福島です。そんなに重くなかったとのことです。体を鍛えていて良かったですね。

ということで、お茶の水女子大に駒場祭を宣伝することは叶いませんでしたが、皆楽しそうで何よりだったと思います。

それでは恒例のクイズコーナーです。

質量mの粒子が、0<x<a、0<y<b、0<z<cで三次元箱型(井戸型)ポテンシャルの中を、束縛なしに自由に運動している。つまり境界条件は、x≦0,a≦x、y≦0,b≦y、z≦0,c≦zの領域ではポテンシャルが無限大、0<x<a、0<y<b、0<z<cの領域ではポテンシャルが0である。
(1)エネルギー固有値と波動関数はどのように表されるか、答えなさい。
(2)a=b=cとすると、どのような解が得られるか、詳述しなさい。

クイズが思いつかなかったので、授業のプリントから拝借しました。でも答えがわかりません(×_×)☆\(^^;)ポカ コメント欄で答えていただけるとすごく喜びます。以上、德永でした。

文京区民大会がありました

こんばんは。先日某福島くんにクローズアップしてもらった1年の東條です。やっぱり柔道部のスターたる僕にでもなると特集記事の一つでも載るんですね。誇らしいことです。

さて、本題に移ります。昨日講道館にて文京区民柔道大会が行われました。そしてなんと初段の部からは麻生が3位、女子段外の部では滝沢が優勝という素晴らしい成績を残してくれました!!!

↑写真は表彰の際の模様です。いい笑顔です。
普段共に練習をしている仲間がこういった結果を残して僕たちも頑張らななければといういい刺激になりました。再来週にはこの大会と同様に国際ルールで試合が執り行われる二部大会が行われます。彼らに負けないように日々練習に精進しようと思います。

最後に恒例のクイズです…ジャジャン!
本日11月4日はいったい何の日でしょうか?

正解は…

僕、東條の20回目の誕生日でした!ハタチです。人生の体感時間ではこれが半分だ、とよく言われるようですがそんなことは全くないと思えるような人生を歩んで行きたいと思います。最後に繰り返します。ハタチですよハタチ。お祝いのコメントは随時受け付けております。僕は祝われると素直に喜ぶタイプです。
以上東條でした。

体重管理係になりました。

こんにちは。一年生の福島です。嘆かわしいことがあったので報告します。

今日のことです。授業後に食堂でボッチ飯をしていると、東條が男2女2のグループ(しかも女子が二人とも割と美人)でやってきました。そして、リア充さを見せつけるかの如く楽しそうにティータイムと洒落込み始めました。わざわざ俺の目の前の席で。自慢げに。(写真右前)

 

でも一人だけ肩幅がおかしいと思います。窮屈そうで椅子にしっかり座れていない。しばらくすると東條はグループから去って行きました。

 

 

チームキラキラに柔道部員は場違いだから追い出されたのかな??かわいそうな東條。

 

慰めのLINEでも送ってやろうかとするその矢先、東條選手、二杯目のラーメンを持って帰って来ました。どれだけ食べるんだ。友達はひいているぞ。そもそもまだ夕飯時ではないから友達たちは何も食べていないんです。

 

僕は、柔道部員たるもの、謙虚に分をわきまえるべきだと思います。柔道部かつリア充という集合の要素になれるのは、非常に限られた、素晴らしい才能を持った人間だけです。あのイケメンの某K下先輩だって柔道部にしてはリア充だったかもしれませんが、夏に本郷の汚い部室に何日も泊まったり少しおかしかった。ましてや並の柔道部員が背伸びしてキラキラしようとするからラーメンを二杯食べて引かれたりとおかしなことになってくる。みんな早くチャラいグループから脱隊して柔道部とだけつるみ、昼飯は部室で食べ、夜は部員で苗場に行って春巻・カツ丼セット大盛りを食べれば良いのです。そしてどんどん増量しよう!(最近、体重管理係になりました。部員の皆さんどんどん増量してください。)

一橋戦がありました。

こんにちは、増量中の1年、中村です。寒くなってきましたね。風邪を引いてしまいました。ようやく体重が72キロを越してきたので、減らないように風邪に負けず頑張って食べます。
さて、10月15日に一橋戦がありました。初戦は11人制の七大ルールで、1人残しで東大が敗れました。二戦目は、点取り戦の三商大ルールで、4-0で東大が勝利しました。やはり、七大ルールで勝ちたかったですね。
僕個人については、初戦は先鋒として、二戦目は次鋒として出場しましたが、両試合とも攻めど、とりきれず、引き分けとなり、悔いの残る試合となりました。特に初戦は、1人残しという僅差で負けたため、先鋒としてでた、僕が勝てそうな試合をとりきれなかったのは勿体無いことをしたと思います。亀取りの精度がまだ甘かったです。
今回発見できた、弱点を克服して、11月3日の文京区区民大会に望みたいと思います。

それでは、恒例のクイズのコーナーに移りたいと思います。
ジャジャン!
柔道や剣道が好きな人が好きな果物ってなーんだ?

答え、ブドウ
武道(ぶどう)が好きだから。

 

 

注 自分でなぞなぞが考えられなかったので、Google 先生にお聞きしてhttp://www.nazo2.net/kodomo/015.htmlからお借りしました。

一橋戦

こんばんは。一年の淺井です。

明日10/14(土)は一橋戦があります。今年は一橋大学国立キャンパスの有備館で行われます。
8:30開会式で試合開始は9:00です。

OBの皆様方はぜひ見に来てください。

第6回、紀柔館訪問記

こんにちは。OB、0年目の山中です。遅くなってしまいましたが、8/30~9/4まで、柘植陽一先輩のご紹介により、和歌山の紀柔館をご訪問させていただいたので、そのご報告をさせていただきたいと思います。

そもそも、なぜ、紀柔館をご訪問させていただくことになったかというと、、、という話は、先輩方が毎年、しっかりご説明されているので、先輩のブログのご紹介という形に代えさせていただきたいと思います。(小山先輩の記事:http://blog.akamonjudo.com/2015/09/25/122016)(小山先輩の記事に諸先輩方の記事がまとめられていたので、今回は小山先輩の記事のみ、リンクを張らせていただきます。) 要は、心が荒んでしまった元部員の社会復帰を、紀柔館の腹巻先生に支援していただく企画ということになります。今回で6人目ということですが、たいへんありがたい社会復帰プログラムでした。

以下、活動報告です。

まず、紀柔館のシステムについてですが、先輩方も言及されている通り、上の学年の子が下の学年の子の面倒を見てあげる、というのが大きな特徴の一つになっています。具体的には、小さい学年から順に稽古が始まっていき、学校が終わった上の学年の子などが下の学年の練習に来て面倒を見てあげる、という形が順々に繰り返されます。ほとんどの稽古が、上の学年の子+下の学年の子という組み合わせで行われていました。

稽古の様子。

この形に則り、僕の紀柔館でのスケジュールを紹介しようと思います。

まず、低学年の稽古に参加します。低学年は、腹巻先生の奥様でいらっしゃる牧先生が指導されています。低学年の子は稽古前はずっと鬼ごっこをしていました。僕はそれを微笑ましい気持ちで見ていました。稽古では、自分たちの稽古前に来た高学年の子に交じり、打ち込みや乱取りの相手をしました。稽古が始まっても、彼らの元気は衰え知らずで、ただただ、圧倒されました。小学生と乱取りするのがこんなに疲れるとは思いませんでした。稽古後にも鬼ごっこをやっているのを見たときの衝撃といったらもう、はい、って感じでした。

次に、高学年の稽古に参加します。高学年も牧先生が指導されています。高学年の子の場合は、中高生が面倒を見に来てくれます。高学年になると、鬼ごっこは、、、と思いきや、がっつりやってました。そういえば、僕も、小6でも鬼ごっこやってたなーと回想した気がします。

最後に、中高生の練習に参加します。中高生は腹巻先生が指導されています。中高生の稽古は、腹巻先生によると、「毎回、違うことをやっている」とのことで、基礎練習をメインに、腹巻先生が面白そうと思ったことをやっているそうです。そこで、中高生の練習では、今回も諸先輩方と同様、3日間もの稽古時間をいただいて、技の講義をさせていただきました。立ち技は袖釣込腰、寝技は加藤返しの講義をさせていただきました。興味を持ってくれている子もいたようでうれしかったです。その後、余った時間で乱取りをしました。

講義の様子。(何をやっているときかは自分でも分かりませんが・・・)

このような感じで、15時ごろから21時ころまで、ひたすら柔道をするという過密スケジュールでしたが、普段の稽古とは異なっており、楽しかったのであっという間でした。

次に、紀柔館のもう一つの特徴として、勉強クラスがあるということが挙げられます。勉強クラスは稽古前後に行われます。この勉強クラスというものは、柔道に加え、勉強も仲間と一緒にすることで、人格形成につなげるという理念に基づき設置されています、というように、いただいたパンフレットに書いてありました。僕自身は、このことはとても大切だと思うと同時に、武道たる柔道とセットであるということに意義を感じました。また、実際に見ていると、子供たちは、せっせと道場に机を出し、座布団に座りながら勉強していて、偉いなーと思って見ていました。僕はこんなに勉強していなかったとは口が裂けても言える雰囲気ではなかったです。

実際の活動としては、勉強クラスでは、取り仕切っている牧先生の補佐で質問に答えるということをしていました。理科の質問には答えられませんでしたので、解答をネットで検索してました。また、勉強クラスでも、最終日に時間をいただき、中高生に講義をさせていただきました。専門が歴史学ということで、パレスチナ問題について講義させていただきました。リオオリンピックで、エジプトの選手が、イスラエルの選手の握手を拒否した問題について、その原因は何か?、というテーマに基づき、その背景としてこの問題を取り上げました。皆、熱心に聞いてくれて、僕自身もすごく話してて楽しかったです。高校生でいえば世界史の分野ですが、世界史に興味を持ってくれた子がいるとうれしいです。

講義の様子。小学生と練習した後なので、下は道着ですw

以上が活動報告です。ご訪問させていただいた感想としては、自分の出身道場以外で、小学生の稽古に参加するのは初めてだったので、「どんな指導法があるのだろう?」と思っていたのですが、当然ながら、自分の出身道場との違いに驚くと同時に、小学生期に柔道とどう触れ合うかということはとても大切だと感じました。紀柔館の子供たちはみんな楽しそうで、自分もこんな道場で柔道をやってみたかったなと思いました。また、これと関連して、子供たちが柔道に対して、知らず知らずのうちに、スポーツというより、武道として触れることができているのではないかと思いました。スポーツと武道の違いということは、昨今ではとても難しいテーマだと思いますが、人間教育が理念である紀柔館で行われている柔道は武道だと感じました。また、子供たちにも、言語化できなくとも、そのことが心身ともに芯まで浸透(韻を踏みました)しているのではないかと思いました。集合写真1。小学生の子供たちと。僕の右が武内先輩です。

集合写真2。中学生以上の皆さん。左は北藤先輩です。

最後になりますが、今回、私を快く迎えてくださった、腹巻先生、牧先生、紀子さん、の腹巻家御一家、並びに、先生へのご仲介をしていただきました柘植先輩におかれましては、この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。また、現地でお世話になりました、中島先輩、武内先輩、北藤先輩におかれましても感謝申し上げます。来年以降も、東大柔道部員が派遣されるよう祈念して、筆をおきたいと思います。

(リンク貼っておくので、よろしければ是非!)

紀柔館のfacebookです:https://ja-jp.facebook.com/kijukan/ ←無断でここから写真を拝借しました。腹巻先生、申し訳ございませんm(_ _)m

紀柔館が取り上げられた記事です:http://mainichi.jp/articles/20161004/ddl/k30/040/456000c ←実際の紙の記事では、なぜか林さんの写真らしいですが・・・

 

 

京都遠征がありました

こんにちワンdog一年生の福島ですcat

9月13日から15日まで京都遠征に行ってきました。初日は京大戦、二日目、三日目は九大生も参加しての合同練習でした。試合結果は、本戦は二人残しで京大の勝ち、親善試合は2対2で引き分けでした。悔しい結果でしたがangrypoutweep反省点wobbly、改善点、得るものも大漁でしたpiscesfishpenguin!僕個人は、正対上のパターンを増やし、亀取りをもっと確実にしたいです。何の技を練習するかはban秘密secretです。

合同練習は多くの選手と乱取りすることができ、とても良い練習になりました。やはり、普段の練習だけではマンネリ化してしまいますからね。自分の技と戦術を見つめ直すことが出来ました。京大、九大の皆さん、ありがとうございました。

柔道の練習になるだけでなく、非常に楽しいhappy01遠征でした。一日目は京大とレセプションをし、二日目は京大の食堂にて三大学の一年生で一緒に食事noodleをし、三日目の夜は三大学で食事restaurantをしました。京大の食堂のケバブがとてもウマhorseかったです。食事を通し、三大学の多くの人と交流することができました。このように人間関係が広まっていくのも柔道の素晴らしいところですね。特に京大の曽我部クンとはとても仲良くheart01なりました。曽我部くんは僕のファーストキッスnewの相手です。七代戦の後にチューをして以来、忘れられずにいましたが、再開することができとても嬉しかったですlovely。今回は前回以上に何度もbanキスsecretすることができました。温かくて、柔らかい唇でしたsecretheart01heart03heart02heart04banbanlovelysecret。ですが、曽我部くんはキス魔なので、僕だけでなく、他のみんなにもkissmarkキスkissmarkしていました。悲しいcryingです。いけない!独占したらダメダメ!曽我部くんの気持ちも大切にしないと!

最後にクイズです!

第1問!ジャジャン!

悟りを開いた阪田さんってだ〜れだ?

 

答え、釈迦田さん(計算過程、釈迦+阪田=しゃかたなので。)

 

第2問!ジャジャン!

レモンが好きな虫ってな〜んだ?

 

答え、蜘蛛(蜘蛛は英語で酸っぱいダー)

以上、福島でした。

 

Home

メタ情報

Return to page top