Home

東大柔道部ブログ

今年も駒場祭やります

こんにちは。二年生の扶川です。今年も駒場祭係となりました。

 

3年に一度の天才駒場祭係と言われる僕ですが、去年、かつての柔道部焼き鳥を復活させたところ、喜ばしいことに8人の一年生が入部してくれることになりました。彼らのほとんどは、焼き鳥を食べることで、柔道部への入部の決意を固くし、無事入試を突破してきたのです。つまり、僕が入部させたようなものです。新歓担当の真藤君も頑張ったとは思いますが、焼き鳥にはかなわなかったと見えます。

 

さて、去年の反省点はいくつかあります。まずは、伝統であった駒場祭前の出稽古に行かなかったこと。これは重要なメンタルトレーニングであったにもかかわらず、僕はそのトレーニングを軽視し、これが七大戦の結果にまで響いてしまったと反省しております。こんな悔しい思いは後輩たちにはさせたくない。だから、彼らには早稲田、東女、お茶女あたりに行ってもらいます。

 

われわれ現役部員にとって、駒場祭はただ単に息抜きとして存在するのではなく、むしろ過去、現在、将来にわたる東大柔道部員たちの交流の場である、と思っています。普段練習にいらっしゃることのできないOB・OGの方々がいらっしゃって、焼き鳥を一緒に食べ、昔話を語ってくれることが、われわれ現役部員にとっては励ましとなり、勇気づけられているのです。また、高校生や中学生たちに、柔道部の魅力をわずかでも伝えることができれば、そして願わくば彼かの幾人かでも柔道部の門をたたいてくれれば、と思っているのです。

 

こうして長々と駒場祭の意義について語ってしまいましたが、3年に一人の天才駒場祭係である僕は、駒場祭を今年も成功させるつもりでいます。駒場祭での利益はすべて一年生のごはん代となります。われわれ全員、体を大きくするつもりではいますが、特に今年の一年生は一年前の僕たちより熱心に練習に取り組んでいます。その分、いつもみんなおなかを空かしているのです。僕は彼らにそんなひもじい思いをさせたくない。だから、何としてでも成功させたいのです。OB・OGの方々におかれましても、何卒ご協力いただければと思っています。

 

駒場祭は11月25、26、27日で開催予定です。詳細は決まり次第、またこのブログにてお知らせいたします。たくさんの方のご来場お待ちしております。

2016年度入部 自己紹介⑧松本陸也

今年入学しました、広島人の松本です。

1年生の自己紹介のトリを任されたのですが、そんな大それたことも書けないので徒然なるままに書いていきます。

小学校まで運動を全くしなかったのですが、家が近いという理由で近所の公立中学校に入学し、その時に運動を始めようと思って球技以外で尚且つ走るのが嫌だったので剣道と柔道が残って何となく柔道を選びました。福島と同じですね。この何となくでスーパーエリートコースを歩むはずだった僕の人生は大きく狂ってしまいましたが今でも元気に生きてます。今思えば、今の自分の大半はこの3年間で出来上がっていると言っても過言ではないと思います。

広島にある公立の基町高校というところ出身です。そこでも柔道部に入ってやっていましたが部員が少なかったので、大学に入ってこんな大人数で稽古ができることが新鮮です。

これからの目標としては、七帝ルールの柔道も未だ慣れず寝技も苦手なのでこれからの稽古で寝技を身に付けていくことと、体が小さいので筋力をつけていくことです。

まだ大学1年生のはずなのにどういうわけかハタチになってしまいました。中高6年と柔道をやっていたのですが、柔道歴7年目と言うべきか8年目と言うべきかわからないのでとりあえずは7年目といつも言っています。

部員達は僕が広島弁を出す度に復唱しないでください。

2016年度入部 自己紹介⑦福島聖也

初めまして。一年の福島聖也です。名門・埼玉県立川越高校出身、理科二類です。

柔道は中学から始めました。小学校では休み時間に教室でお絵描きをするのが好きな平和な少年だったのですが、中学では運動部に入ろうと思い、苦手な球技でなく、走らなそうという消極的な理由から柔道部に入りました。しかしながら続けるうちに柔道にはまり、大学でも柔道部に入るようになりました。性格もいくぶんかアグレッシブになりました。

もともと寝技に引きずり込んで取るスタイルで戦っていて寝技は好きだったのですが、大学では寝技でバシバシ取られてしまいます。七帝の寝技の幅広さ、奥深さには驚かされます。早く七帝柔道の技術を体得したいです。

今の目標は体を大きくして七帝戦で活躍することです。早く立派なデカい七帝戦士になりたいです。母はあまり太ると彼女が出来なくなるからやめなさいと心配してくれます。しかし痩せて彼女が出来るなら66kg級だった高校時代に出来ているはずです。きっとイマドキの女性はもっと柔道ゴリラみたいなのが好きなのでしょう。早くゴリラになってモテたいです。

しかしながら問題もあります。せっせと増量に励んだ結果、体重は4月から今までで8キロと素晴らしく増加したのですが、それに伴い血圧も素晴らしく上昇してしまいました。高血圧はこわいです。突然生死に関わる病気を発症してしまうそうです。突然死はこわいので血圧を下げそうな鯖の缶詰(DHA,EPAが血液をサラサラにする!)を食べ始めました。体重も一度少ししぼらないとかな、とも考えています。高血圧とゴリラのジレンマです。。。

昨日の自己紹介では中村がスゴい増量計画を書いていましたが、血圧はこわいよ、健康にも気をつけてね中村。

さて、中村で自己紹介のオチがついたところで、次は広島人の松本です。広島人って本当に〜ジャケエとか言うんですね。松本、よろしく。

2016年度入部 自己紹介⑥

初めまして、今年度東大柔道部に入部しました、西大和学園出身、中村友哉です。下の名前は、 ともや でなく ゆうや です。紛らわしいですね。

柔道は中高で5年間していました。 足が長く(柔道部員でなければ喜ばしいことですが)、重心が高いため、高校時代から簡単に投げられていたので、東大柔道部では、引き込んで、正対下をやろうと思います。自分の体型をいかせる柔道ができるように頑張ります!

自己紹介としてはこれくらいなので、最近思ったことについて書きます。最近改めて気づいたのですが、強くなるためには、食事をたくさん食べることが大切であるということです。よくよく考えてみると、○ne piece のルフィもDrag○n  Ballの悟空も大食いです。

それに対して、悟空と同じ、亀仙人の弟子のクリリンは、悟空の大食いに驚いてばかりで、あまりご飯を食べません。これがひとつの原因となり、悟空とクリリンの歴然たる力量差ができたとおもいました。

今までの私はこのクリリン状態だったので、これを改善したいと思います。そこで今年の目標を決めました。今年の12月31日までに体重を75キロ以上にすることです。(現在67キロ)こが達成出来なければ、1月中の日曜日に量が多いことで有名な、苗場の大盛を一度に二食食べます。(メニューは自分で選ばしてくださいね)こうすれば確実に体重75キロは達成できるでしょう。日頃は米を、朝昼2合ずつ、夜は2.5合食べるようにします。

体重を増やすべく頑張ります!

2016年度入部 自己紹介⑤德永亮介

一年生の德永亮介です。「徳」ではなく「德」です。紛らわしいですね。

僕の出身は北海道の北嶺高校という中高一貫の男子校です。現在北嶺高校は「再起動北嶺」というスローガンを掲げて絶賛再起動中です。いつか校長が「北に北嶺あり 西に灘あり」という状態にしたいとおっしゃったそうですが、実際東大に来ても誰も北嶺を知らないのは心苦しいので、北嶺がいつか日本一の進学校になることを夢見ている今日この頃です。

男子校出身者なので共学には戸惑いが多いのですが、理系ドイツ語でしかも柔道部なので少しづつ女子との接触は立たれ、男子校のような懐かしさを覚えています。

さて、僕は中一の時に柔道を始めましたが、その後高校では軟式野球部に入っていました。そこで大学では野球か柔道をしたいと思っていました。そして新歓期にふらりと道場を見学しに来てそのまま流れるように入部したのでした。なので柔道部として練習するのはおよそ三年ぶりということになります。まだまだ技術不足、経験不足で、先輩方や同期たちにゴミのように取られる日々ですが、これから自分なりの武器や柔道スタイルを見つけていきたいと思っています。七大ルールには最初は戸惑いましたが、慣れました。練習は非常にきついですが、いつか強くなることを夢見て練習しています。

僕は実は麻生と同じクラスなのですが、言わないと全く気付かれないのでここに書いておきます。クラスでの彼は一見不真面目と思いきや持ち前の頭脳で僕をはじめとするクラスメートたちに勉強を教えてくれます。素晴らしいです。

ということでまだまだ弱いですがこれからよろしくお願いします。僕の次は中村が名文を書いてくれるそうです。彼の文才に期待しましょう。

2016年度入部 自己紹介④ 東條 裕紀

一年生の東條 裕紀(とうじょう ゆうき)と申します。所属は理科2類24組、出身校は大阪星光学院で段位は弐段、現在173cmの89kgです。身長はまだこれからも伸びてくれたらいいなぁと思ってます。

柔道を始めたのは中学からです。当時から体が大きかったので中高の顧問の先生から、見学だけでもええから一回道場に来てみいひんかと言われたのが最初です。柔道のじの字も知らなかった僕はこれが受け身なんだなと思いつつ見学していました。そして、帰り際に先生から明日も練習あるからなと言われ、別に入ると決めた訳じゃないのになあと思いながらもまた見学に行きました。そして、気づけば入部届を提出していました。中学生ながらあぁこういう手口があるんやなと思ったのを今でも覚えています。

では、なぜ大学に入った今も柔道を続けているのかというと、やはり柔道のおかげでたくさんのいい経験ができたからということです。そのおかげで辛いことから逃げない根性を身につけた気がします。柔道で身につけた根性をもってして東大合格にこぎ着けたのではないか、と自負するほどです。

大学に入ってから今までの練習では亀はひっくり返されるわ正対でもひっくり返されるわで周りの部員の方々にやられっぱなし、という感じです。つまり、より一層の努力が必要だということになります。高校までと違って大学の練習は僕にとって質も量も段違いにハードなのですが、逃げずにがんばりたいと思います。とりあえず今は亀を固くすることと、自分の亀取りの形を確立させることが目標です。未熟者ですがよろしくお願いします。

2016年度入部 自己紹介③滝沢知大

はじめまして、滝沢知大(たきざわちひろ)です。名前の漢字がさらに紛らわしくしていると思うのですが、女子部員です。早速ですが自己紹介をしたいと思います。
出身は福岡の久留米大学附設高校です。中学では卓球部に所属し、高校ではバドミントンとダブルダッチを少しずつしていました。柔道に関しては、だいたい3歳から小学校6年生までしていました。ちなみに、まだオレンジ色の帯をつけていた頃に谷亮子さんとの写真がカレンダーに載ったことが自慢です。泣いてばかりいて大した実力はありませんでしたが、しばらく柔道を楽しんでいました。ただ、中学、高校と柔道をする機会がなく約7年間は柔道とは離れていました。
こんな私がどうして柔道部に入ったかというと、大学が柔道を再開する最後のチャンスだと感じたからです。また、出身高校は東大よりも女子が少なく運動部に入れる環境がなかったので、女子部員がいないながらも女子も入部可能ということで入部を決意しました。周囲には大変驚かれ、残念ながら未だに同じクラスの人に不思議がられます。
背負い投げを中心に立ち技を練習していましたが、せっかく東大の柔道部に入ったので寝技も身に付けたいと思います。また、現在は筋力アップと段位の取得を目標としています。体格差のある男子との練習では大変なことも多いですが、来年には新たな女子部員が入ってくれることを期待しつつ稽古に励みたいと思いますので、よろしくお願いします。

2016年度入部  自己紹介②麻生豊大 

一年の麻生豊大(あそうとよひろ)です。自己紹介させていただきます。

出身は福岡の久留米大学附設高等学校です。中高であわせて5年間ほど柔道をやっていました。九州男児というと、豪快なイメージがありますが、自分は体も小柄で、極度のビビリなので、理想の九州男児像からは大きくかけ離れています。柔道に関しても、「五年していたわりには…」or「ほんとに五年してたの?」といった実力です。そのかわりといっては何ですが、自分は中学、高校で柔道をやっていたときから、立技に比べて寝技のほうが好きでした。なので、七大ルールで柔道ができることは、新鮮である以上に、しっくりくるというか、楽しいです。特に正対下での攻防は「テクニカルでかっこいいなー」と思っているので、将来的には下から攻められるような正対師になりたいと思います。(いまは先輩方どころか、同期にもボコボコにされているのですが…)

徐々に柔道部員化も進んでいるようで、今月は夏練の為、一人、七徳堂に寝泊りしています。夜は涼しく、非常に快適に過ごしています。また、柔道部入部以降、少しずつ部外の友達が減ってきた気がします。最近では、夜な夜な部室に現れるゴキブリたちに親しみを感じ始めました。まあ、今日バルサンを焚いたので、しばらく彼らに会うこともないと思いますが…さらば、友よ…

前述したように極度のビビリなので、七徳に一人寝泊りするのはすごく怖いです。最近、真夜中に七徳堂に人が入ってきて、シャワーを浴びたり、なにやらゴソゴソしている音を聞きながら、「幽霊だったらどうしよう?不審者だったらどうしよう?」と一人震えています。もし柔道部OBの先輩であれば、コメントで教えていただけると、心労が減って幸いです。

とにかく、弱いながらも、精進していこうと思うので、これからよろしくお願いします。次は、柔道部のアイドル、滝沢さんの自己紹介です。

2016年度入部 自己紹介①淺井柾哉

はじめまして、淺井柾哉(あさいまさや)です。「浅」ではなく「淺」です。紛らわしいですね。riceball
突然ですが自己紹介をします。出身は三重県立伊勢高校です。志摩市から来ました。「伊勢志摩サミット」の志摩です。志摩市はいいところです。ぜひきてください(笑)。fish
小学2年生の頃に地元の道場で柔道をはじめ、(自分は覚えてないのですが親曰く)初日に「やめる」と言ったもののなんとか親に説得されて、一年だけ続ける約束をして合意に達したらしいです。結局10年以上続けて今に至ります。なんだかんだで柔道は楽しいです。ちなみにですが初段です。そもそも黒帯にあまり執着がなく、初段をとったのも高1のときでした。弐段は気が向いたら取りたいと思っています。pig
東大に合格が決まった時は柔道はせずに意識高い系サークルに入って勉強を頑張るつもりでしたが、東京に来たくらいから「息抜き程度にならいいかな」と思いはじめ、柔道サークルに入りました。しかし、柔道サークルではもの足りず、とうとう柔道部へ入部してしまいました。勉強を頑張るつもりだった自分は消えてしまいました。ああ、残念。cancer
はじめは違和感しかなかった高専柔道にもそろそろ慣れてきました。今は亀取りが課題です。数をこなして上手くなりたいです。apple
現在は夏練中で練習する機会がたくさんあるので嬉しいです。やった〜(T ^ T)
長くなってしまいました。とりあえずこの辺にしておきます。
PS.あとで読み返しましたがかなり読みにくい、稚拙な文章になってしまいました。申し訳ないです。僕の次に書く人は読みやすく面白い文章を書いてくれるはずだと思います。乞うご期待!

主将挨拶

三年の阪田です。

7月の七大戦をもって山中前主将に代わり主将を務めることとなりました。

主将に就任して二週間が経ちましたが、歴史ある柔道部の主将になるという責任の大きさをひしひしと感じております。

明日からは長期間の夏練となります。柔道漬けの日々となる中で、先輩方が練習に来ていただけると、より集中した質の高い練習ができると思います。お忙しいとは思いますが、これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

チームとしても、また私個人としてもまだまだ未熟ではありますが、七大戦優勝を目指し日々稽古に励んでいく所存でありますので、今後もご支援のほどよろしくお願いいたします。

Home

メタ情報

Return to page top