Home

東大柔道部ブログ

京都遠征がありました

こんにちワンdog一年生の福島ですcat

9月13日から15日まで京都遠征に行ってきました。初日は京大戦、二日目、三日目は九大生も参加しての合同練習でした。試合結果は、本戦は二人残しで京大の勝ち、親善試合は2対2で引き分けでした。悔しい結果でしたがangrypoutweep反省点wobbly、改善点、得るものも大漁でしたpiscesfishpenguin!僕個人は、正対上のパターンを増やし、亀取りをもっと確実にしたいです。何の技を練習するかはban秘密secretです。

合同練習は多くの選手と乱取りすることができ、とても良い練習になりました。やはり、普段の練習だけではマンネリ化してしまいますからね。自分の技と戦術を見つめ直すことが出来ました。京大、九大の皆さん、ありがとうございました。

柔道の練習になるだけでなく、非常に楽しいhappy01遠征でした。一日目は京大とレセプションをし、二日目は京大の食堂にて三大学の一年生で一緒に食事noodleをし、三日目の夜は三大学で食事restaurantをしました。京大の食堂のケバブがとてもウマhorseかったです。食事を通し、三大学の多くの人と交流することができました。このように人間関係が広まっていくのも柔道の素晴らしいところですね。特に京大の曽我部クンとはとても仲良くheart01なりました。曽我部くんは僕のファーストキッスnewの相手です。七代戦の後にチューをして以来、忘れられずにいましたが、再開することができとても嬉しかったですlovely。今回は前回以上に何度もbanキスsecretすることができました。温かくて、柔らかい唇でしたsecretheart01heart03heart02heart04banbanlovelysecret。ですが、曽我部くんはキス魔なので、僕だけでなく、他のみんなにもkissmarkキスkissmarkしていました。悲しいcryingです。いけない!独占したらダメダメ!曽我部くんの気持ちも大切にしないと!

最後にクイズです!

第1問!ジャジャン!

悟りを開いた阪田さんってだ〜れだ?

 

答え、釈迦田さん(計算過程、釈迦+阪田=しゃかたなので。)

 

第2問!ジャジャン!

レモンが好きな虫ってな〜んだ?

 

答え、蜘蛛(蜘蛛は英語で酸っぱいダー)

以上、福島でした。

 

主務交代の辞

こんにちは。
4年の木下です。
引退から2か月が経ちました。
ここらで僕に残されていた宿題をこなしたいと思います。

皆さんご存知の通り、今年の4月から主務を3年の古跡に交代していました。
ずいぶん前ですね。
報告が遅くなり大変申し訳ありません。
この「遅くなり大変申し訳ありません」というフレーズを、主務をしていた間に何回使ったかわかりません。
古跡はしっかりしているので、うまく部を回してくれていると思います。
理系の研究室が忙しくて大変だと思うので、後輩たちはサポートしてやってください。

引退して、いろいろな楽しいことで予定帳を埋めていきましたが、8月に柔道部にいたおかげでできた楽しいことが二つあったので、そのことについて書いておきます。

8月9日から11日まで、柏崎先生に率いられて富士山に登ってきました。
23時半に5合目を出発し、ご来光を拝みにいく弾丸登山です。
東大柔道部からは橋本先輩、山中、僕が参加し、和敬塾や武大の方と合計20名ほどで登りました。

バスで河口湖駅についてから、さっそくハプニングがありました。
昨年も参加した山中が集合場所まで案内してくれたのですが、我々は30分以上も真逆に歩き続け、先生から最後の「東大生はバカだなぁ」をいただきました。

満天の星空を見ながら登り続け、無事に登頂とともにご来光を拝むことができました。

頂上で飲んだおしるこが異常にうまく、まるでカイジのキンキンに冷えたビールのようでした。

下山してからは、麓の宿で登頂記念パーティーが開かれました。
初対面の外国人の方が多かったですが、銭湯に入ったり宴会をしたりしているうちに自然と仲良くなれました。
みんな柏崎先生の門下なので、いうなれば兄弟子や弟弟子と会ったことになります。兄弟子のルイはアメリカに道場を持っているので、チャンスを見つけて行ってみたいですね。

とても良い思い出になりました。
柏崎先生、先生の奥さん、武大の方々、和敬塾の方々、ありがとうございました。

富士山から帰ってきてすぐに、静岡県沼津市にある東大の戸田寮(へだりょう)にスタッフとして行ってきました。
運動会総務部が中心となって、各運動会の有志が集まり寮の運営をしています。
北藤先輩から「出会いがあるぞ。いろんな意味で」と言われたので行ってみた次第です。

仕事の内容は、寮の受付や掃除、皿洗いやビーチの監視などが主でした。
とはいえ空いた時間に海で泳ぐことができ、夜は毎日宴会があります。

総務の方々もできた人ばかりで、他の運動会の方と交流するのもなかなかいいものだと思いました。ア式のマネさんがかわいくてとても癒されました。

偶然、柔道部OBの清水周先輩にお会いしました。
僕と同様、大学から柔道を始められたそうですが、それ以来ずっと深い柔道愛を持っておられるそうです。

戸田寮は総務部やスタッフのOBが泊まりにくることが多いようです。
そんな方々から、当時の宿泊客だった柔道部の逸話を聞かされました。
さらに、適当にめくった何十年前かの寮委員日誌の「難色ランキング」なるものにも、「柔道部の襲来」が2位にランクインしていました。
なんでも女子寮委員に抱き付いたとかなんとか。

帰りには寮委員のOBの方にウナギをおごっていただきました。

山と海を満喫して、いい気分転換になりました。
現役のときは、精神的にきつかったのを覚えています。
いまは夏練習で追い込む時期だと思いますが、区切りのタイミングには違う場所の空気を吸って充電した方が、またきつい練習も頑張れるような気がします。
こういった切り替えを積極的にすればよかったというのが、僕の現役時代の反省の一つです。

長くなりましたが、以上で主務交代の辞とさせていただきます。

繰り返しになりますが、古跡くんはすでに5か月以上主務を務めているので、その点はご留意ください。

研鑽会行ってきました

こんばんは。一年の徳永です。一昨日から今日までの三日間行われた寝技研鑽会に行ってきました。
京都の町並みは新鮮なものでした。宿泊場所から練習場所がなかなか遠かったので、思う存分町並みを堪能できました。
さて、練習についてですが、今回の研究で教わったことは普段教わることと異なることも多く、大学による技術体系の違いを感じることができました。ここで学んだことを今後生かしていきたいです。また、他大との乱取りでは、色々な選手と乱取りができてとても刺激になりました。ボコボコにされたので、私ももっと頭を使って練習しなければならないと思いました。今回良かったところ、悪かったところを検討して、今後の成長につなげていきたいです。
おっと、帰りの夜行バスが来たようです。それではさようなら

しあいのおしらせ

こんにちは。ゆーしです。

明日は日本武道館で東京学生柔道大会みたいなのがあります。

73kg級にはゆーし(ニート)、すすむくん(主務)、こんちゃん(常務)、さかぽん(主将)の4人が、
81kg級にはぺーすけ(のうきん)、ふくしまくん(察し)が、
100kg超級には田上先輩が出場します。

9時から試合が始まります。応援よろしくお願いします。頑張ります。\(^o^)/

今年も駒場祭やります

こんにちは。二年生の扶川です。今年も駒場祭係となりました。

 

3年に一度の天才駒場祭係と言われる僕ですが、去年、かつての柔道部焼き鳥を復活させたところ、喜ばしいことに8人の一年生が入部してくれることになりました。彼らのほとんどは、焼き鳥を食べることで、柔道部への入部の決意を固くし、無事入試を突破してきたのです。つまり、僕が入部させたようなものです。新歓担当の真藤君も頑張ったとは思いますが、焼き鳥にはかなわなかったと見えます。

 

さて、去年の反省点はいくつかあります。まずは、伝統であった駒場祭前の出稽古に行かなかったこと。これは重要なメンタルトレーニングであったにもかかわらず、僕はそのトレーニングを軽視し、これが七大戦の結果にまで響いてしまったと反省しております。こんな悔しい思いは後輩たちにはさせたくない。だから、彼らには早稲田、東女、お茶女あたりに行ってもらいます。

 

われわれ現役部員にとって、駒場祭はただ単に息抜きとして存在するのではなく、むしろ過去、現在、将来にわたる東大柔道部員たちの交流の場である、と思っています。普段練習にいらっしゃることのできないOB・OGの方々がいらっしゃって、焼き鳥を一緒に食べ、昔話を語ってくれることが、われわれ現役部員にとっては励ましとなり、勇気づけられているのです。また、高校生や中学生たちに、柔道部の魅力をわずかでも伝えることができれば、そして願わくば彼かの幾人かでも柔道部の門をたたいてくれれば、と思っているのです。

 

こうして長々と駒場祭の意義について語ってしまいましたが、3年に一人の天才駒場祭係である僕は、駒場祭を今年も成功させるつもりでいます。駒場祭での利益はすべて一年生のごはん代となります。われわれ全員、体を大きくするつもりではいますが、特に今年の一年生は一年前の僕たちより熱心に練習に取り組んでいます。その分、いつもみんなおなかを空かしているのです。僕は彼らにそんなひもじい思いをさせたくない。だから、何としてでも成功させたいのです。OB・OGの方々におかれましても、何卒ご協力いただければと思っています。

 

駒場祭は11月25、26、27日で開催予定です。詳細は決まり次第、またこのブログにてお知らせいたします。たくさんの方のご来場お待ちしております。

2016年度入部 自己紹介⑧松本陸也

今年入学しました、広島人の松本です。

1年生の自己紹介のトリを任されたのですが、そんな大それたことも書けないので徒然なるままに書いていきます。

小学校まで運動を全くしなかったのですが、家が近いという理由で近所の公立中学校に入学し、その時に運動を始めようと思って球技以外で尚且つ走るのが嫌だったので剣道と柔道が残って何となく柔道を選びました。福島と同じですね。この何となくでスーパーエリートコースを歩むはずだった僕の人生は大きく狂ってしまいましたが今でも元気に生きてます。今思えば、今の自分の大半はこの3年間で出来上がっていると言っても過言ではないと思います。

広島にある公立の基町高校というところ出身です。そこでも柔道部に入ってやっていましたが部員が少なかったので、大学に入ってこんな大人数で稽古ができることが新鮮です。

これからの目標としては、七帝ルールの柔道も未だ慣れず寝技も苦手なのでこれからの稽古で寝技を身に付けていくことと、体が小さいので筋力をつけていくことです。

まだ大学1年生のはずなのにどういうわけかハタチになってしまいました。中高6年と柔道をやっていたのですが、柔道歴7年目と言うべきか8年目と言うべきかわからないのでとりあえずは7年目といつも言っています。

部員達は僕が広島弁を出す度に復唱しないでください。

2016年度入部 自己紹介⑦福島聖也

初めまして。一年の福島聖也です。名門・埼玉県立川越高校出身、理科二類です。

柔道は中学から始めました。小学校では休み時間に教室でお絵描きをするのが好きな平和な少年だったのですが、中学では運動部に入ろうと思い、苦手な球技でなく、走らなそうという消極的な理由から柔道部に入りました。しかしながら続けるうちに柔道にはまり、大学でも柔道部に入るようになりました。性格もいくぶんかアグレッシブになりました。

もともと寝技に引きずり込んで取るスタイルで戦っていて寝技は好きだったのですが、大学では寝技でバシバシ取られてしまいます。七帝の寝技の幅広さ、奥深さには驚かされます。早く七帝柔道の技術を体得したいです。

今の目標は体を大きくして七帝戦で活躍することです。早く立派なデカい七帝戦士になりたいです。母はあまり太ると彼女が出来なくなるからやめなさいと心配してくれます。しかし痩せて彼女が出来るなら66kg級だった高校時代に出来ているはずです。きっとイマドキの女性はもっと柔道ゴリラみたいなのが好きなのでしょう。早くゴリラになってモテたいです。

しかしながら問題もあります。せっせと増量に励んだ結果、体重は4月から今までで8キロと素晴らしく増加したのですが、それに伴い血圧も素晴らしく上昇してしまいました。高血圧はこわいです。突然生死に関わる病気を発症してしまうそうです。突然死はこわいので血圧を下げそうな鯖の缶詰(DHA,EPAが血液をサラサラにする!)を食べ始めました。体重も一度少ししぼらないとかな、とも考えています。高血圧とゴリラのジレンマです。。。

昨日の自己紹介では中村がスゴい増量計画を書いていましたが、血圧はこわいよ、健康にも気をつけてね中村。

さて、中村で自己紹介のオチがついたところで、次は広島人の松本です。広島人って本当に〜ジャケエとか言うんですね。松本、よろしく。

2016年度入部 自己紹介⑥

初めまして、今年度東大柔道部に入部しました、西大和学園出身、中村友哉です。下の名前は、 ともや でなく ゆうや です。紛らわしいですね。

柔道は中高で5年間していました。 足が長く(柔道部員でなければ喜ばしいことですが)、重心が高いため、高校時代から簡単に投げられていたので、東大柔道部では、引き込んで、正対下をやろうと思います。自分の体型をいかせる柔道ができるように頑張ります!

自己紹介としてはこれくらいなので、最近思ったことについて書きます。最近改めて気づいたのですが、強くなるためには、食事をたくさん食べることが大切であるということです。よくよく考えてみると、○ne piece のルフィもDrag○n  Ballの悟空も大食いです。

それに対して、悟空と同じ、亀仙人の弟子のクリリンは、悟空の大食いに驚いてばかりで、あまりご飯を食べません。これがひとつの原因となり、悟空とクリリンの歴然たる力量差ができたとおもいました。

今までの私はこのクリリン状態だったので、これを改善したいと思います。そこで今年の目標を決めました。今年の12月31日までに体重を75キロ以上にすることです。(現在67キロ)こが達成出来なければ、1月中の日曜日に量が多いことで有名な、苗場の大盛を一度に二食食べます。(メニューは自分で選ばしてくださいね)こうすれば確実に体重75キロは達成できるでしょう。日頃は米を、朝昼2合ずつ、夜は2.5合食べるようにします。

体重を増やすべく頑張ります!

2016年度入部 自己紹介⑤德永亮介

一年生の德永亮介です。「徳」ではなく「德」です。紛らわしいですね。

僕の出身は北海道の北嶺高校という中高一貫の男子校です。現在北嶺高校は「再起動北嶺」というスローガンを掲げて絶賛再起動中です。いつか校長が「北に北嶺あり 西に灘あり」という状態にしたいとおっしゃったそうですが、実際東大に来ても誰も北嶺を知らないのは心苦しいので、北嶺がいつか日本一の進学校になることを夢見ている今日この頃です。

男子校出身者なので共学には戸惑いが多いのですが、理系ドイツ語でしかも柔道部なので少しづつ女子との接触は立たれ、男子校のような懐かしさを覚えています。

さて、僕は中一の時に柔道を始めましたが、その後高校では軟式野球部に入っていました。そこで大学では野球か柔道をしたいと思っていました。そして新歓期にふらりと道場を見学しに来てそのまま流れるように入部したのでした。なので柔道部として練習するのはおよそ三年ぶりということになります。まだまだ技術不足、経験不足で、先輩方や同期たちにゴミのように取られる日々ですが、これから自分なりの武器や柔道スタイルを見つけていきたいと思っています。七大ルールには最初は戸惑いましたが、慣れました。練習は非常にきついですが、いつか強くなることを夢見て練習しています。

僕は実は麻生と同じクラスなのですが、言わないと全く気付かれないのでここに書いておきます。クラスでの彼は一見不真面目と思いきや持ち前の頭脳で僕をはじめとするクラスメートたちに勉強を教えてくれます。素晴らしいです。

ということでまだまだ弱いですがこれからよろしくお願いします。僕の次は中村が名文を書いてくれるそうです。彼の文才に期待しましょう。

2016年度入部 自己紹介④ 東條 裕紀

一年生の東條 裕紀(とうじょう ゆうき)と申します。所属は理科2類24組、出身校は大阪星光学院で段位は弐段、現在173cmの89kgです。身長はまだこれからも伸びてくれたらいいなぁと思ってます。

柔道を始めたのは中学からです。当時から体が大きかったので中高の顧問の先生から、見学だけでもええから一回道場に来てみいひんかと言われたのが最初です。柔道のじの字も知らなかった僕はこれが受け身なんだなと思いつつ見学していました。そして、帰り際に先生から明日も練習あるからなと言われ、別に入ると決めた訳じゃないのになあと思いながらもまた見学に行きました。そして、気づけば入部届を提出していました。中学生ながらあぁこういう手口があるんやなと思ったのを今でも覚えています。

では、なぜ大学に入った今も柔道を続けているのかというと、やはり柔道のおかげでたくさんのいい経験ができたからということです。そのおかげで辛いことから逃げない根性を身につけた気がします。柔道で身につけた根性をもってして東大合格にこぎ着けたのではないか、と自負するほどです。

大学に入ってから今までの練習では亀はひっくり返されるわ正対でもひっくり返されるわで周りの部員の方々にやられっぱなし、という感じです。つまり、より一層の努力が必要だということになります。高校までと違って大学の練習は僕にとって質も量も段違いにハードなのですが、逃げずにがんばりたいと思います。とりあえず今は亀を固くすることと、自分の亀取りの形を確立させることが目標です。未熟者ですがよろしくお願いします。

Home

メタ情報

Return to page top